深度 、急速潜行~
[日々のいとまに]150630 ~ARIEL SS 地球編~
▼笹本祐一「ARIEL SS 地球編」読了。
 すっさまじい熱量でございました。
 やー、宇宙人編やらミニスカ宇宙海賊やらの方向性も、そりゃもちろん好きですが、やっぱり、こう、「地に足が着いている」方向性もこれはこれで本領だよねぇ、というあたりもしみじみ再実感したところでありました。
 各話ちゃんと泣けそうになるのもスゲェところです。前半 3 話の「転換点」になる 3 人の、行動とか、言葉とか、たまらんわ。そしてラストが予想外に異能ラノベ級のファンタジーで大笑い。これこそ番外中の番外じゃろうにゃあ……。
 SS はあと 1 冊あるっぽいので、近々そっちにも手を出しそうな予感であります。
 ……しかし、ラストのエピソードで言及される「石井大佐」ってやっぱり……最終階級軍医中将の例のあの人なんかなぁ。初見時に「えーと、この年だと例のあの人は大佐だった?」と思って速攻調べに行ったオレでした(実際大佐だったぽい)
2015/06/30 (Tue)
■ Comment
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *