FC2ブログ

   深度 、急速潜行~
▼そのご。
 んでまぁ要約すると、いただいたコメントはべつにナガナガと反応するほどのものでもなかったんですが。BoED に関しては。
 だって、版とか関係なく、時期とか関係なく、オレはその存在を知った日から今に至るまで変わらず買う気マンマンなんだもんよ。
 が、全然別のところにキまして。
 たとえば、そのさんの補足的なあれですが、「これだけあれば充分ぽい」の中に FR を含めてるのは、もちろん FR を気に入ってるからではあるんですが、「純 3 版のサプリをここに含めることで、今回の話題で 3 版か 3.5 版かを争点にするつもりはないことを示しておく」というんでもあるわけです。
 で、最後に、BoED は 3 版だろ? とか書いた後でアンダーダークとか云ってるのもその一環だったわけです。
 つまり、アンダーダーク、3 版だと信じ込んでたんだよ!
 出版時期が BoED と重なってることに気づいて、「あれ? もしかしてこれも 3.5 版……?」と気づいて調べてびっくり。どうやら 3.5 版サプリらしいじゃないですか!
 うわー。
 これ買ってない理由って、3 版だと信じ込んでたから、だけなんだよなぁ。
 まとまんなかった理由でした。有意義な示唆をどうも。
 つーか、この件がなければ「そのに」だけで済む話だったというか。
 フー。

▼そのよん。
 ……帰る……。

▼そのさん。
 昨日の BoED に関するアレコレについて、3 版であるか 3.5 版であるかは(「つーか BoED って三版の本だよねぇ?」の部分を除けば)全く関係ありません。その点は普通に読めば誤解の余地はないと思いますが、誤解なされたのであればそれは不幸なすれ違いです。曲解なさったのであれば、釣りにマジレスしてしまった自分のカコワルさを自嘲しておきます。

▼それで、そのに。
 オレが自分のブログに適当なコトを書き散らかしたいと思って、適当なコトを書き散らかしているのだということが明白なやりかたで、自分のブログに適当なコトを書き散らかすのが迷惑とか云われても迷惑です。
 知るか。

▼すまん、まとまらん。
 えーと、まずそのいち。何でわたしが BoED が 3 版らしいと考えるに至ったか。
 以下のような事情です。
 サクヤ、じゃねぇ、昨夜、わたしは BoED がいったいどの版(3 か 3.5 か)対応なのかを知りたくてちょっとだけ調べました。うん、ちょっとだけです。HJ のサイトの紹介を読んで WoC の紹介を眺めただけ。
 で、どこにも 3.5 版対応だとは書かれてませんでした。
 で、つい先日、純粋に 3 版サプリの「フェイルーンの魔法」日本語版が発売されました。
 で、HJ のサイトでは、サイオニック本に関してはわざわざ「3.5 版」と明記されており、また「フェイルーンのモンスター」については 3.5 版対応データを付記することが明記されており、また戦士大全には「第3.5版サプリメント第1弾!」と太字で書かれています。これらの例から、HJ は、
1) 3.5 版のルールと 3.5 版対応のサプリの日本語版をすでに販売しつつある現在でも 3 版のサプリを日本語版で新たに販売することが普通にある。
2) (おそらくはそれゆえに)3.5 版のサプリに関しては 3.5 版と明記する方針をとっている。
 というふうに考えました。
 そして、3 版対応だという明記もない(ただし、それは他の 3 版の本の紹介にもない)ことから断定は避けて疑問符をつけましたが、「これは 3 版サプリである可能性が高いのではないか」と思い、「BoED って三版の本だよねぇ?」と書きました。
 この疑問符には、「「いんにゃ、3.5 版だよ。ココにこう書いてある」という指摘がもしついたらそれはそれでラッキー」という意図も混ぜてありました。
 以上のような事情です。
2005/11/08 (Tue)
051107 * Top * 051109
■ Comment
その2で逆ギレですか、見苦しい。
適当なことが書きたいならWeb上に上げずにチラシの裏にでも書いてなさい。
調べればわかることを調べずに適当に書いたのは貴方が怠慢なだけでしょう。
Book of Exalted Deedsで検索をかければ3版サプリかv.3.5サプリか簡単にわかります。
それを怠って適当なことを書けばつっこまれるのは当然でしょうに。
ましてUnderdarkも3版サプリだと思っていたとは、呆れますね。そんな事情が読み手にわかるわけがないでしょう。
貴方が私の想像を超えて無知だったと驚きました。
無知なのは許せますが、開き直る態度は不快の一言ですね。
2005/11/09(Wed) 04:57 * URL * 通りすがり #gJtHMeAM[編集]
 ふむ。
 少年、あるいはお嬢さん。ここは君のような若い人が来るところではない、と申し上げておくべきでしょうな。
 すまないが、私から君にかける言葉はない。君のような若さを好もしいものと思えるほどには私も大人ではない。
 さようなら。もう会うこともないだろう。
 君が、「不快の一言」である場所にわざわざ再訪するほど愚かでさえなければ。
2005/11/09(Wed) 20:02 * URL * DRR #/7QgdNBM[編集]
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *