深度 、急速潜行~
▼「怨霊侍」3 巻読了。
 OK。正直に云って、これつまんなかったんですよ。なんでこんなんが続いてんだ? さっさと次回作に御期待だろ? とか思ってたわけですよ。
 二巻までは。
 んが、三巻に入って、二巻から引っ張ってたエピソードが終わった後あたりから少しずつ盛り返しはじめてる印象に。三巻ラストで一気に「おおう、やっぱ邪悪との契約ってのはこうじゃなくっちゃな」とか盛り上がったところに!
 あとがきで打ち切り報告が!
 おい。
 終わらせるのが遅すぎ、あるいは早すぎだぞ。
 んまぁ、この作者の今の作風っていうか絵面の面での作風はどうも気に食わんっつーか孔雀王前半~中盤のあの味わいにはもう戻れんだろうなぁ惜しい、とは思いますが、三巻終盤の勢いならまだまだイケると思いますんで、起死回生に期待であります。
2005/10/22 (Sat)
■ Comment
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *