深度 、急速潜行~
[須賀鎮航海日誌]150210 ~トラック前半戦~
▼週末中になんとか E-3 まで踏破完了。
 いや、予定よりちょっとハイペースかな? 予定では、週末のあいだに E-3 の削りまでは終わらせておく、だったので。
 ここまでのところは、まぁ、予定通り甲で。大変だったか、と云われれば、終わってみれば、まぁ、べつに、といったところで。あるステージを攻略中に支援艦隊のキラ貼り直しが必要になるかどうか、ってところがオレ的には「苦労したと云えるか否か」の分かれ目なんでな。結果的には、E-2、E-3 ともに貼り直しは必要なかったので、ま、苦労したとは云わずにすむかな、と。とはいえ、ギリギリではあったので、やってる間は楽勝感はありませんでしたが。
 続き? まぁ、当面は週初め作業をやっつけつつ支援艦隊のキラ整備になりますので、そのうちそのうち……。
 っつーか、イベント中の本命は(昨日付で書いたのともつながりますが)取りこぼしレア掘りだったんですが、高難度限定説が有力化しつつある様子を見ますと、まぁ、ないかな、と。なんかすげぇ気合と根性を投入して甲難度クリアに成功したとして、その後、その同じ難度で「掘り作業」をやる気になりうるか、というと、な……。無理だわー。E-2 とかでさえ、1 回突破はまぁ、「後から考えれば苦労ってほどじゃなかった」と云えるにしても、じゃあこの後、「ボス戦 S を積み上げる」覚悟ができるかと云われるとな……。
 E-3 あたりは比較的いけそうな感触ではあるんですが、ドロップにこれぞ、ってのが見当たらないんだよな……。まぁレア駆で持ってないのがいくつか見えますが、オレ的には陽炎型これくしょんつうソウルはあってもべつに駆逐艦全部に対する情熱ではあんまないんでな……。甲型の夕雲型でさえ優先順位は落ちる次第で……。
 その意味では、E-5 磯風情報は最初聞いたとき色めき立ったのですが、難易度下げても充分地獄と想像される E-5 ラストを甲で何度も S、というのが可能かどうかと思うとねぇ……そりゃ無理だよねぇ……と。
 まぁ、とりあえずは作業しながら情報のさらなる拡充を待つ方向性で。
2015/02/10 (Tue)
■ Comment
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *