FC2ブログ

   深度 、急速潜行~
[日々のいとまに]150124 ~掛け値耐性~
▼ちょっとデカい主語の寝言を。
 日本人って、掛け値適性がえらく薄いんじゃないでしょうか。
 耐性が、と云ってもいいとは思いますが、自分から吹っ掛けるのも基本嫌いだと思うし、されるのがダメってだけでなく、するのもダメ寄りなんじゃねぇの? ってことで「適性」ぐらいのアレで。まぁでも、今回の話題としては耐性でもいいかもな。
 で、相手としては交渉の初手として非現実的な吹っ掛けをかます、ぐらいのつもりで投げた最初の条件を「最後通牒またはそれに近い(細部に細かい条件交渉の余地ぐらいはあるかもしれんけど、大きく値段が変わることはない)条件提示」と受け取って極端な反応に走る、的な。
 実際んところがどうだったのかはともかく、そのへんの交渉文化の差異が真珠湾につながった、という見方が少なからず受け入れられるような国民性、というようなアレともつながりそうな感じの。
 実際さぁ、身代金として用意しろ、と云われた額が 20 万ドルとかだったら、もうちょっと世論揺れたんじゃねぇの? と思うわけよ。
 「なるほど、こっちが絶対飲めないし、あっちにしてもこっちが絶対飲めないとわかってるであろう条件を吹っ掛けてくるってことは、はなっから決裂させる気で云ってるってことだな。了解した。お望み通り決裂だ」と、思わねぇ? いやもちろん、思わない人もたくさんいると思いますが、思う寄り感覚な人(またはそれ「も」もつ人)の多さが、他所から見れば異様に見える反応が大量に湧く一因なんじゃねぇの?
 ……とか、たまたま今日、こちらのツイートとかこちらのツイートとかを短時間に続けて見たりしてちょっと思ったのでありました。
 中国人に金を払わせたければ中国人の商文化を学ぶ、というのは妥当だろうし、であるならば、日本人に金を払わせたければ日本人の商文化を学べよ、と云うのはそんなにおかしな話じゃないんじゃないかなー、とかそんなようなヌルいアレを雑にでかい主語で寝言を口走って寝るー。
 うん、学んで有効な交渉を仕掛けられてもそれはそれで困るんだけどさ。
2015/01/24 (Sat)
■ Comment
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *