深度 、急速潜行~
[Life as a Half Drow]ちょっと壁を感じてみたり
▼えー、ずいぶん前から、うちのサークルのパスファインダーキャンペーンとして DnD 3 版→3.5 版のキャンペーンを DM として仕切っているわけですが。
 最近ちと疲れ気味というか、行く先を見失いつつあるような気がしてきてたり……なんてコトをちと白状してみます。
 ええとですね。パーティーレベル 8~10 あたりまでは、ヘヴィでしたがこういう感覚はなかったんですよ。プレイヤー側が強まりやれるコトが増えてくにつれてマスター側も出せるネタがどんどん増えてくので、シナリオの仕込みはどんどん大変になりましたが、その分密度も濃かったわけで。
 んがしかし、最近はなんつーか、プレイ中に疎外感のようなモノを感じることが多いっちゅーか、そりゃマスターは孤独なモノではあるんですが、以前に比してな。何でかというと、なんかやたら買い物やアイテム作成折衝(プレイヤー間での)や呪文準備などにかかってる時間が長いような気がするわけです。ひとつには、最近は舞台を外方次元界にしてるせいもあって、毎回異なる下準備が必要になってることが影響してるんだろうナーと思いますが。
 これはもしかしたらマスターやってるわたしだけではなく、いつも準備時間中はほけーっとタバコ吹かしてる印象のあるフレンジードバーサーカー氏もそうなのかも。現在のパーティー構成はまず専業キャスターのクレリックとウィザード、いろいろと仕込み甲斐のあるファイター/クレリック/テンプラー/プレイナーチャンピオン、準備段階の仕込み次第で戦力が激変するニンジャローグクレリックウィザード Dervish といったメンツであり、明らかにひとり準備時間が短いんだよなぁバーサーカー。
 で、じっさい準備したシナリオが実際に投入される割合も大幅低下してる印象で、実はここ最近の準備はそうとう軽くなってたりもします。まぁこっちはランダムエンカウンターで時間を食うような構成をしてるせいではあるんですが。
 まぁそんなカンジでちと気合が入らない気味な今日このごろだったりするわけですよ参加者諸君。フゥ。
 にしてもレベル 11 超えたあたりから急激に「プレイヤー側が準備しなきゃならないコト、プレイヤー側が準備するのにかかる時間」が増えるような印象があることは確かなわけで、そう思うと正直、11 レベルオーバーのレベル帯でのセッションを持ち回りのキャンペーンとしてバリバリ遊ぶってのは現実的じゃないよなぁ……という気もしてくるわけで、となると、10 レベルオーバーあたりからが本領発揮ダッゼー! な PC を構築するというのはどうなんだ? という気もしてきてるわけで……。
 まぁ、ボーダーラインをどこに引くかは単なる主観ですけど。
 あとはあれか、素直にダンジョンもぐりを繰り返してれば回転が落ちることもなかったかもしれませんけど。
 次回セッションは待望の持ち回り始動になりそうな予感はするわけですが、フォクルカンリリストはやめとこうかなぁ……。
 ショーンダカルのクレリック(ウィンドウォーカー狙い)かウィザード(インキャンタトリクス狙い)か、単なるローグバードから他のプレステを考えてみるか……。
 CoAd は全然ちゃんと読んでないので勉強しとかにゃ。
2005/10/13 (Thu)
快速無比 * Top * 051013
■ Comment
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *