深度 、急速潜行~
[Life as a Half Drow]The Ambition of Goblinistan. #1 An Apostle of Aerdrie
▼5 版ファーストセッション、DM で遊んできました。
 うむ、体調微妙(つうか、ひどくはないけど実際明らかに悪い)+DM 準備+艦これイベントもちょっとは回しておかんと、が揃うと、日記更新する余力は実際皆無でありました……。ってことで、これからじわじわ過去分も取り返していく方向性で……。
 プレイグループ内では 4 版がまだまだ隆盛(これから頂へと駆け上がる勢い、ではないにせよ、爛熟期であり、凋落の兆しは見えない、ぐらいの)である今、敢えて新版を投入する、からには、そりゃまぁ 5 版の 5 版たる所以、存分に味わうがいいッ! ぐらいの気持ちは込めたわけではありますが、さっすがに、いくら、その強みのひとつが「時間的な軽さ」であるとはいえ、今回は詰めすぎた、かな……ということで、いろいろと、ダンジョンマッピングとかをオミットしての実践とはなりましたが、全体としては、是、と云ってよいセッションになったのではないかと思います。
 以下、簡単に水面下に。
 参加者は以下。
 DRR:DM
 ルボン(artemis):ヒューマン・ウィザード・男
 ・出身:sage、
  性格的特徴:判断する場合は周囲の全意見を確認する
  理想・信念:あらゆる可能性は否定すべきではない
  絆・束縛:研究施設の維持のために働く
  弱点・欠点:知識の拡充に禁忌はない
 マイト・オール(BOSS):ヒューマン・モンク・男
 ・出身:Sailor
 リンツ・オーゲン(DISK):ハーフエルフ・ファイター・女
 ・出身:Entertainer(actor)
  性格的特徴:私は優れた侮辱を愛する。たとえそれが私に向けられたものであっても
  理想・信念:Beauty; 私が演ずると、世界はそうする前よりもよいものになる
  絆・束縛:私は私のかつての一座のためになら何でもするだろう
  弱点・欠点:スキャンダルのために私は故郷には戻れない身となった。その種の揉め事は私の行く先々につきまとう。
 サレヴォグ(OTTO):ヒューマン・バーバリアン・男
 ・出身:Soldier
 バスラ(vabo):ハーフリング・ローグ・男
 ・出身:Urchin
  性格的特徴:私はたくさんの質問をする
  理想・信念:Change; 法は lifted up だし、高いもの、強いものは引き摺り下ろされるものだ。変化は自然の摂理である。
  絆・束縛:私はひとつの孤児院をスポンサーする。ほかの連中が、私が耐えなければならなかったようなことに耐えずにすむように。
  弱点・欠点:黄金は私には多くの貨幣に見える。そして多くのそれのためになら何でもしよう。
 *つーわけで、バスラのバックグラウンドの現場適当訳はかなり間違ってたっぽいスマン。そして今回の訳文も正しいかどうかわからんw 正直、このテの口語的な文章は無理! 科学的論文とかならなんとか読めるつもりでも! まぁ、次回以降変更の可能性も考えてるようなので、しっかりゆっくり考えましょう。まぁ、性格的特徴とかも、ルールブックのテクストまんまである必要はないので、誤訳ベースでアレンジとかでも、おかしなことにならなければかまわないっちゃかまわない気もしますが。
 ヴァリン(Wao):ヒューマン・クレリック・男
 ・出身:Soldier
  性格的特徴:私はユーモアの感覚がお粗末だ
  理想・信念:国家; 私の属する都市や国や人々は全て重要なことだ
  絆・束縛:私は自分自身で戦うことのできない誰かのために戦いをする
  弱点・欠点:私は多くの命を代償とする酷いミスを戦場で犯した-そしてその秘密を守るために私は何でもするだろう

 バックグラウンド等は、和訳が公開されているもの以外を訳出していく根性がなかったため、現場で「ダイスを振ってから訳すのを決めた」もの以外は決定してない部分が多かったりします。しかも、現場で適当に訳したのかなり嘘だったりしたしな! プレイヤーに訳してもらったほうが正しかったかなぁとも思いますが、キャラメイク時間帯はプレイヤーにそんな時間的余裕はないしな。まぁ、これは次回に差し替えなども可(背景に限らず、今回もファーストキャンペーンの最初数回はセッションとセッションの間にであれば再構成自由とします)なので、ゆっくり考えましょう。
 展開はだいたい以下の通り。
 まず、たまたま乗り合い馬車的な公共交通で、今回の最初の村(名前はプレイヤーが決めてー、と頼んだところ「ソドム」に決定。おい)に移動するとことに居合わせた一行が、チュートリアル野盗団に襲われるところから。軽くなった戦闘とはいえ、さすがに最初の 1 戦は多少手間とはなりました。ここは、先々を軽く回すためと腹くくってじっくり処理。これが済んだら大休憩、と宣言しておいたこともあってか、戦闘じたいはもちろん楽勝にはなりましたが、案外前衛の被弾もあり、HP が 4 版と比べると、AC 等が 3.x 版と比べると、それぞれ低いこともあり、「これは、楽勝戦闘でも慢心はできんな」感は感じられたり。遭遇難度は一応 Medium。
 村で大休憩ののち、可能ならば「パーティー結成と最初の探索先決定までのスッタモンダを描写」してほしい、と思ってましたが、その時間的余裕はなかったため割愛、そういうことがあったよー、と宣言だけして、翌朝、近くの廃墟に強制出撃。ここで、今回の顔 NPC 登場。「時雨(駆逐艦娘)とキュゥべえを足して割らない感じ」の喋り、とかそういうコンセプトのハーピー。ここでの喋りも事前情報としてそれなりに意味を与えるつもりではあったんですが、ダンジョン探索時間を取れなかった結果として、かなり無意味にはなりました。
 戦闘ふたつめは、廃墟の地下への穴から沸いて出たジャイアント・ポイズナス・スネーク 3 体との戦闘(Easy) ここでは、蛇の初撃で、穴を investigation していたバスラが即死する(牙ダメージでの 8 点でゼロ、そこから毒セーブ失敗で 10 点入って -10 で死亡)というハプニングが。うむ、死ぬときは死ぬ、ね……。探索状態で盗賊が先頭なのは何もおかしくないし、穴から飛び出してきた蛇にサプライズドもしてないので、動きにミスがあったとも云えないし。つうか、蛇のチャレンジレーティングが(与ダメージのデカさに比べて)低すぎる、のか……? ここでの死亡は、戦闘終了後にノーペナルティで復活してもらうことに。初回でここで(死亡はなかったことにするにしても、回復リソース等を消費させて)撤退出直しとかで時間食わせては、こっちが困るんでな。しかしまぁ、純事故で、誰がそれ引いてもおかしくない「最初の死者」をここで持ってく、ある種のこの vabo の強運に全力で感服でありました。
 続いて地下の探索、は、クラシカルなダンジョンハックを準備していたわけですが、その部分はオミット。一気に次の戦闘遭遇へ。
 次はジャイアント・ファイア・ビートル 12 匹。まぁ、脅威とはなるまいとは思いましたが、ここはスリープ 1 発でほぼ決着。こ、ここまで秒とは……。一応遭遇難度は Medium だったんだけどなー。
 続いて、地下 2 階へ。スコーピオン 4 匹を前座とし、ラストモンスター 2 体が増援で登場するという構成。ここはさすがに楽勝とはいかなかった次第。といっても毒はまったく炸裂せず、錆パワーがインパクトを発揮しただけですが。一応ここでサレヴォグのグレートアックスが -4 まで錆び、リンツのレイピアもけっこうなことになり、この状態で(サブウェポンに持ち替えて)ダンジョン最終戦闘に突入、となるとそれなりにシビアな事態になったんじゃないかなー、とは思いますが、そっちは結局オミットしたので、さほどにはならなかったり。遭遇難度は Medium。
 その後、スキルを使う挑戦、をちょっと試行してもらい、決戦スキップでトレジャーを入手、といっても宝物の基準とかもわからんので、詳細は DMG 発売後の次回に持ち越しとさせてもらい、目玉として(そして初回ご祝儀として)+1 ロングソードを進呈。ま、デフォでロングソード持ち、な PC がひとりもいなかったりもしましたが! ここは DEX>STR とはいえ STR も +3 ある(能力値ダイス決定で目が光った)リンツが持つことに。
 いったん帰還してもらい、大休憩とレベルアップを挟んで、今回の最終決戦へ。
 テストラン初回の目玉ということで、レベル 2 に対して一応デッドリイに分類される数を揃えたゴブリンの部隊「ゴブリニスタンの先遣隊」を投入! したのですが、結果としては、あっさり S 勝利食らうこととなりました……。まぁ、あっちのダイス目はよかった(命中、ダメージともに。すさまじかった、とまではいかないけどねー)し、こっちのダイス目は悪かった、ので、こんなものかもしれんけどね。
 つーことで、いろいろオミットしながらも今回やりたかった最終局面まではなんとかプレイし通すことには成功。これから処理に慣れてくればもっと軽くなる、か、PC 側リソースが増えてきて相殺(最終的には結局重くなる?)かはわかりませんが、感触としてはいけそうかな、と思えたところで初回終了。トータルの成績としては、B 勝利……いや、なんとか A かな? ぐらいにはなったかと思いますが、いかがでしょうか。
 なお、当面は「ゴブリニスタン」に敵対勢力として登場してもらう予定ですが、「地上帝国と地下帝国とどっちがいい?」と訊いたら、「地上」と返事が返ってきたので、その方向性でいこうと思います。まぁ、今後とも、よろしく!
2014/11/23 (Sun)
■ Comment
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *