深度 、急速潜行~
[Life as a Half Drow]Like a Shimakaze
▼4 版新キャンペーン第 6 回(なのか?)、出撃してきましたー。
 仕事等余裕なさすぎで(って今にして思えば何故そこまでだったんだって気もする程度には「クソ忙しいけど普通の週」だったと思うんだけどねぇ)云われてた「15 レベル以下のアイテムひとつ決めといて」をまったく果たせず、しかも仕事で到着も大幅に遅れて、いろいろ大変ではありました。んがまぁ、考え抜いた挙句にろくでもない結論に達しまして、これがアホな事態を現出させて、結果的にはまぁ、悪くない仕上がりになってきてんじゃん? というアレに。
 アレとは!
 移動速度が問答無用で +1 されるブーツだーっ! しかもなんか液体面上を歩けるらしい。
 もとの移動速度が 7、プレートメイルながらフィートで移動速度低下は殺してあるので、これにブーツで 8。謎の高速重装甲戦車状態に加えて、技能パワーで遭遇毎で移動 +4 になるヤツを取り、さらに指揮役のおかげで最初だけ速度 +2。……ってことは、ファーストラウンドでワンムーヴで 14 マス「歩」ける、という……という話ですか……これは……。つーかチャージ組み合わせれば、ほぼ盤上どこでも 1 足 1 刀っぽい……?
 ってことで、調子乗って「おっそーいー!」とか「だって速いもん!」とか寝言連発して駆け回ってみたところ、おそらく今キャンペーン初ではないかと思われるデスセーヴに突入してみたりもしましたが、やー、妙な楽しさを満喫してきました。
 15 レベル以下アイテムは防具推奨、と云われてはいたので、ちょっと推奨から外れたものを選んでしまったことにはなるのですが、鎧はすでに 11 レベルの +3 で、これに乗せたい付加効果もなかったので、このようにさせていただいた次第です。首は +2 だけど、こっちについてはけっこう手に入れたばっかりだったので、これをわざわざ取り替えるのもなんか気が進まなくてな……。というか、手に入れたばっかり=直前に熟考したばっかり、であり、もう一度考えるのが面倒だったというか……。
 ……てところで、今回で第 1 部完とのことでしたが、今後ともよろしくお願いいたしたい次第であります。
 以下、数行水面下。
 参加者は以下。
 DM: OTTO
 エルトリア(artemis):Human Paladin(PHB)
 ガブリエル(BOSS): Dragonborn(Red) Ardent
 アーリオ(DISK):Human Barbarian
 柊(DRR):Vryloka Paladin(Shadow)
 モーリー(vabo):Eladrin Wizard
 クーン(Wao):HFO
 今回は、毎回 1 体ずつ狩ってきたクロマティックドラゴンの最後の 1 色、ブルーとの対決で第 1 部完、という話でした。
 初戦は、この対ドラゴン連戦の原因となった陰謀の黒幕たる片目のハーフオーク、の配下のオーク隊。厳しい戦いではなかったとは思うんですが、まぁ、時間は……かかる……ね……。
 第 2 遭遇は、ハーフオークの待ち受ける丘への道中、洞窟でのエイザー戦。こちらは比較的さくっと片づいた(プレイヤー側が処理を思い出してきたから?)かと思われます。
 第 3 遭遇は、本命、片目のハーフオーク「カミュ」との対決。で、精鋭カミュに単独ブルードラゴンが「配下として」ついてるという構成。このブルーとの決着がひどくてな……。まぁ、時間がなかったので決着を早めるために DM が無理な賭けに出た、ということではあるのですが、ファイターに隣接し、マークがかかってる状態で、もう次のターンは来ないだろう、とブレス発射を敢行→ファイターによる近接での遠隔攻撃発動に対する機会攻撃&当該ファイターを目標に含まない攻撃を行うことによる罰の発動、と瞬時に 2 撃食らって撃沈(これ、時間もなかったし、アクション種別が異なるということで、こう処理してしまったのですが、あってる、よね……?)――するものの、ちょっとひどいっちゃひどいよねー、ということで、ドラゴンは倒れるが最後のブレスは吐けたことにする! としたところ、そのブレスで柊が昏倒(だったと思うけど、もうひとつ前のブレスだったかもしれん。ちょっと記憶に自信が不十分です)するという……。
 それ以前に、「囲まれた状態でブラッディードブレス発動→遠隔攻撃に対する機会攻撃の雨が発動」なんて事態も発生しており、やー砲撃役ドラゴンは大変ですなぁー、と、しみじみするようなことにもなってたりも。
 ってな按配でキャンペーン第 1 部は完となりました。水面上から繰り返しになりますが、第 2 部よろしくお願いいたしたい次第であります。
2014/11/02 (Sun)
141101 * Top * 5th Gate
■ Comment
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *