深度 、急速潜行~
[日々のいとまに]140909 ~棘の闇~
▼朝松健「棘の闇」読了。ん? 電書かって? いや、その直前に買った紙本群の 1 冊です。まぁ、これ電書あるのかとか調べてもないけどさ。
 ちょっと久々の朝松健でしたが、納得の面白さでした。納得でしたが……朝松健ってこういうんだっけ? とはちょっと思わなくもなかったかも?
 まぁ、基本現代クトゥルフ作家として読んでた面もあったんで、それ以外ってよく考えるとあんまし知らなかったかもですが。
 好みで 1 篇、選ぶなら、「輝風、戻る能はず」かなぁ? が、一休モノ(と総称しうる作品群であるらしいということは解説で知りましたが)も上々の感触で、確かにこれはシリーズとしてちゃんと読みたい感も。ちょっと探してみるのもアリかもです。
 ……電書があればいいんだがなぁ……。
 クトゥルフ・ミュトス・ファイルズがなぁ……入ってないのが残念なんだよなぁ……。あんまし文庫落ちとか期待できなさそうなシリーズで、デカい版形の本は、電書で買えればどんだけかありがたいと思うんじゃが……。
2014/09/09 (Tue)
■ Comment
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *