深度 、急速潜行~
▼4 版新キャンペーン第 4 回、出撃してきましたー。
 今回は間隔短かったなー。
 ってことで、簡単なメモを水面下に。
 参加者は以下。
 DM: OTTO
 エルトリア(artemis):Human Paladin(PHB)
 ガブリエル(BOSS): Dragonborn(Red) Ardent
 アーリオ(DISK):Human Barbarian
 (DRR):Vryloka Paladin(Shadow)
 クーン(Wao):HFO
 今回はシューティングゲームというか、まっすぐ進んで順番に遭遇をこなす、に近い形態の展開になりました。うむ、殴り合いの楽しみを満喫という感じだぜ。
 なお、マイ PC の「柊」は、一応ルールブックの種族的傾向を採用し、服飾系などに赤系の色を好む、的なことを設定しており、ある程度は宣言もしています(のつもり。というか、このシリーズのエルトリアというセイバー(アルトリア)ベース、すなわち色配置としては初代ガンダムやなのはさんにも通じるキャラクターに対する、アーチャー、ヴィータ、ガンキャノンたらんというような意図から、ある時期からは赤キャラを選好している) ガブリエルは火ブレスのレッドドラゴンベースのドラゴンボーンの模様。
 そして、今回のボスは、「レッドドラゴンと 2 体の取り巻きドラゴンボーン」
 ……つーことで、わたし的には、「赤の日」だった、とかそういうアレだったり。
 個人的な YAMABA は、やはり、アーリオがいろいろ全快で叩き込んだりした結果として転倒状態でブラッディードブレスを吐かされた直後のレッドドラゴンに張り付いて、アスペクト・オヴ・フェロシティ起動状態でのフレンジーイング・スマイトでクリティカルを振ったところではありました。5W 攻撃でクリティカルとかどうなの!
 4 版もそれなりに長くなりましたが、初めての「ザ・撃破役」という感じの一撃でありました。
 まぁでも、「ザ・撃破役」が、というわけではないのですが、やっぱこういう、「安定した火力を持つ、重装甲・高機動の前衛で突進浸透攪乱」つーのは、楽しいなあ、というか、「やっぱ」ってほど自覚的ではなかったんですが、好きなのかなぁオレ、という感じで。
 やってるコトはクラシックの素殴りファイターとか 3.5 版のパワーアタックファイターとかと同じで、そういうのが楽しかったことを思うとねぇ……。つうか、今回もたまたま 5W が当たったところが YAMABA ではありましたが、1 日毎を前提に普段の戦闘にもかかってるってわけでもないわけで、準基礎攻撃ぐらいに振り回せる無限回の火力強化攻撃でぺしぺし殴るのが楽しいんだよなー。
 ま、高火力、重装甲、高機動、ってそりゃあ誰だって好きだろ! と云えば云えそうなところではありますが、その中のどれに重点を置くか、どれを軽視できるか、といったあたりでは、個性は出るところなのかなー的なあれで。
 今回は重装歩法を取ってプレート装備速度 7 マスを達成した高速戦車の寝言ではありました。
2014/07/13 (Sun)
■ Comment
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *