深度 、急速潜行~
[日々のいとまに]140624 ~ブーメラン~
▼例のヤジの件さぁ。
 さっさと名乗り出ればよかったじゃん、と、思う次第です。
 最初にその発言がなされた時点で議員辞職が見えるほどの大問題とするべき発言だったのかどうか、というのは、実際、何とも云えねぇところじゃねぇ? むろん問題発言ではあるにせよ、それに劣らない下劣さの生死直結レベルの問題発言すら飛び出すのが野次の世界だ、ってことが、このタイミングで小松一郎前内閣法制局長官死去のニュースが飛び込んできたことなどで知られつつある(とかエラソーですが、オレ自身がこのタイミングで知った、っつーことです、はい)わけでして。
 んが、問題にされた時点で、切り替えるべきだった、と思うし、切り替えてれば風向き全然違っただろうになぁ、と。
 速攻で名乗り出て、自分の過ちを認めて謝罪してみせる、的なアクションにしてれば、むしろ(もちろんみんながみんなとは思わないにせよ)その潔さを賞賛する声も出、それこそ野次の品性全般の議論へと話を持ってく(本人がそれやっちゃうとすり替えつーか逃げに見えるだろうけどねー)道筋にだってできただろうになぁ……と、思うじゃん。あれ、オレだけ? 素早くきっちり謝られれてしまえば、云われた側もその素早さと直截さは評価して見せないわけにはいかないだろうし、それでも認めないみたいな狭量さを見せるようなザマをさらせば、それこそ風向きが一変だってし得ただろうになぁ、と。違うかなぁ?
 でも、そうはならなかった。 ならなかったんだよ、ロック。 だから、この話はここでお終いなんだ。
 というか、おしまいにならなかったのは、どうも(この一問一答が捏造でなければ、という但し書きはつきますが)この人、最初は否認したうえに、よせばいいのにその行為に対して無駄に重たいことを云ってしまったらしい、というあたりなのがもう、なんだかな、という感じで。
 さすがに、「辞職に値する」と自分が云っておいて、自分が犯人だと判明したらそれは翻す、というのではあまりにもアレというか、これぞブーメランというヤツじゃねぇの?
 速攻で名乗り出る、が難しかったにせよ、直撃で取材が来た時点で、「本当は当該議員に直接会いに行ってまず云うのがスジだと思うが、ここで嘘を云いたくもないので申し上げる。あれは、少なくとも一部は、私だ。発言の時点ではそこまでの問題発言との認識はなかった。しかし報道を契機に○日考えて、自身の考えのなさに身の竦む思いをしている云々」ぐらいに直球でブッかますとかさぁ……できなかったかなぁ……。
 まぁ、「「結婚した方がいい」との発言と、「子供産めないのか」とか、さまざまな話が一緒になって、取り上げられた」ってのは感情としては理解できるのではありますが、やっぱり、「辞職に値する」とかそういうことを云っておいて、翻す、というのは、いかにも、しょぼい、ということは、思わずにはいられないものでした。でなきゃ、最後までシラ切り通すかどっちかにしろ、と。
 最初にその発言がなされた時点で「辞職に値する」ほどの大問題発言だったのかどうか、というのは、わからん、けど、「今となっては」自分の言葉に、それも、カメラとレコーダーの前(なんだよね?)での発言に、責任を取るべきだろう、と、思わざるを得なくなってしまったところでありました。
 で、それじゃあ「子供産めないのか」のほうは誰なんだ? どっちがよりアレかといえば、こっちのほうがよりアレだとオレは思うんだが……。
 んでさー、それはそれとして。
 ついったーで、たとえば、安倍晋三やら上述の小松一郎やらに対する病気ネタやら「氏ねじゃなく死ね」レベルの罵詈雑言野次についても云えよ的な発言を散見するわけですが。
 なんか、これも違うんじゃないか、という気がしないでもなかったり。
 今回のセクハラ野次も、そう思うと同列なのかもですが、こういう品性下劣な暴言野次、って、「あいつらは自分が云う側だから平気なんだ」的な理解がまかり通ってるように見えまして、実際、我々一般人の感性からするとそう思うのが自然ではあるんですが。
 もしかしたら、あいつらは、違うんじゃないか、と思ったりもしたり。
 あいつら、というのは、ある程度のその世界での経験値、年季――議員として議場に実際立つという形にせよ、それ以外の形にせよ――を積んでる連中、ってのは、「云うのも云われるのも全然平気」だったり、もしかして、するんじゃねぇの? と。
 外野が、安倍晋三やら小松一郎やらの側に立ったつもりでいろいろ云ってるの、あいつらは「んなつまらん話にリソース割くなよ。あんなのは議会の華。それ超でもそれ未満でもない。ただ、それだけのものにすぎないんだから」ぐらいにアホらしく聞き流してたり……。ならまだしも、「なにやら愚民どもがお味方気分で吹き上がっておるようで」「いやはやまったく。まぁ、本題から目を逸らさせるよい目くらましにはなりますかな」ぐらいのアレになってたとしても納得してしまいそうな気もしてくるぜ……。
2014/06/24 (Tue)
■ Comment
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *