深度 、急速潜行~
[日々のいとまに]160620 ~韓国カフェ事情~
▼で、Newsweek でもう 1 件。
 「カフェ王国築いた韓国のスタバ愛」てのがねー。
 ひどかった、ぜ……。いや、ひどい記事をわざわざ取り上げるのもどうなの、っつー気もしないではないですが。
 「いま世界一のカフェ大国といえば、イタリアかアメリカ……ではなく、なんと韓国だ」と云われれば、そりゃあ、ほほう、と思うじゃないですか。何で? と。
 韓国人はコーヒーの味(や香り)が好きなのか? カフェに座るのが好きなのか? どんなコーヒーが好かれてるの? 酸味系? 薄味系? スタバ風のシアトル系はもともとどんな地位だったん? 座席は禁煙と喫煙どっち寄り? 長居向き? そうでもない? とか、そういうのがさ。スタバってのがまた、そういうところにいちいち特徴があるチェーンなわけで、それが韓国で躍進してると云われれば、スタバのどういうところが受けてるのか、それは、元来の韓国のカフェ文化に合致してるからなのか、それともそうではないからこそ新鮮で受けたのか、ってあたりが気になってくるじゃんよ。それなりにコーヒー好きな身としては、さ。
 ぜんっぜん、この記事にはなかったのです、そうした情報が……。
 ひたすらに金額と店舗数の有利不利だけが語られる、という……。
 これ、話が自国日本のことだったとしても全然興味持てねぇっすよ? そりゃ、日本の話だったとしたら、名前が挙がる自国発のカフェチェーンの特色ぐらいは前提としてわかってるだろうから、そこに説明がなくてもある程度は想像可能、という意味では、多少はマシかもしれんけどさぁ。でもやっぱ興味ねぇよなぁ……。どういうメニューで対抗してるとか、どういう座席配置の改善で対抗してる、とか、そういうのがないと。
 ……いったいどういう意図で書かれた記事だったんかなぁ、これ、と本気で首を捻ったので、一応記録を残しておこうかと思った次第であります。
2014/06/20 (Fri)
■ Comment
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *