深度 、急速潜行~
[日々のいとまに]140611 ~最終少子化対策問題~
▼ついったー経由で発見。
 ……あーでもまぁあれだ、今回はちょっと話が話なんで、全面的に水面下に潜行する次第です。ダイヴダイヴダイヴ!
 ってことでここから水面下ー。
 えー。あらためまして。
 ついったー経由で発見。
 「「画像で自慰しまくれば、セックスしなくなる」児童ポルノ禁止法改定問題・院内勉強会に60名が結集
 うわー、云っちゃうのか、それ……。
 とかしみじみ。
 あ、先に云っときますが、児童ポルノに関する云々とか、表現の自由に関する云々とか、恣意的な捜査に関する云々とか、そういう話はしねぇですだよー今日は。
 「ポルノは性犯罪を抑止するか」「ポルノは誘発するか」という話については、直感的に、少なくとも前者については正しいであろう、と思う人のほうが多いだろう、とオレは思います。後者が悩ましいところで、オレは、「鑑賞者に対して」ということであれば、ほとんど無視できるレベルじゃないかと想像しますが、正しい、と考える人も多いというのは理解します。で、前者と後者の影響力を差し引きして「後者の害のほうが大きい」と考える人もけっこういる、ってことには、まったくもって同意しかねますが、理解します。後者の、「制作者に対して」という部分についてはまた別の話かなーと思いますが、程度として主要な部分になるかどうかはわかりません。(制作が肯定されている環境下では、制作の過程において性犯罪が行われることも増加するであろう、または、制作が否定されている環境下においても制作自体が消滅するわけではないとはいえ減少するであろうが、その制作すべてがすでに犯罪であるからには、その過程において別の性犯罪も行われる比率は増加することが充分に予想され、結果的に、トータルの性犯罪はどちらにおいてより増加するであろうか、というのは予想困難、ぐらいのアレで)
 でもなー、この前者、そもそもこれをあんまし大声で云うべきじゃないんじゃないの? とずっと思ってたわけなんですよ。これ、「画像で自慰しまくれば、セックスしなくなる」つう話に、どうしたってつながっちゃうから。ここにつながっちゃマズい、とオレは思ってたんです。で、今回、つなげちゃってるのを目の当たりにして、「うわー」と。
 前者の話、云われてみりゃ「そりゃそうだろ」とすんなり同意なんですが、云われる前からそうだろうと思ってたかと云われれば、まぁそんなことは(後者もですが)あんま考えたことがありませんでした。で、云われて納得して、じゃあ、前者と後者が、比率としてどちらが大きいにせよ、すでに後者によって助長がなされている環境下から前者の抑止効果を取り除くとどうなるか、と考えたところ、そりゃあ、それぞれの程度の大小とは無関係に(綱引きの片側を取り除いてしまえば)結果は目に見えてんじゃね? という結論に、そりゃあ、なるわな? 規制派は、前者があるにしてもとても小さい、と見積もっているかもしれませんが、後者は大きいと見積もっている(と少なくとも主張している)わけで、で、あれば、前者を取り除く影響がたとえ小さいにせよ、それによって性犯罪が「抑止される」という計算は、少なくとも短期的には不可能であるということを、まさか自覚してないハズはないよなぁ?
 だとしたら、規制派は(かれらによればけっこう山ほどいるはずの後者によってすでに助長の影響下にある人々がトシ食って加害能力を失うまでの間は。あるいは、かれらに好意的に考えるならば、それらの人々から後者の影響が充分に消失するまで(それをかれらは相当に短く見積もっている?)の間は)性犯罪が増加することを望んでいるのだろうか?
 だとしたら、それは何故?
 で、ふと連想したのがなー。森喜朗の例の発言でした。
 「(前略)レイプする人はまだ元気があるからいい」(中略)「子どもを沢山作った女性が、将来国がご苦労様でしたと言って、面倒を見るのが本来の福祉です(攻略)」(引用こちらから。あ、引用元は単に検索で最初のほうに出てきたのを選んだだけで、その他の意図はありません)
 これなー、初見でちょっと「なるほど」ぐらいに思ってしまったんですよ。同意はむろん、まったく、しないにせよ。なんかほかにも柳澤伯夫だったっけ? の「産む機械」発言にしてもそうだけど、(さすがに、「できれば犯罪はあまり増えないほうがいいが」ぐらいは前置するだろうとは思いますが)「とにかく手段をあんまし選ばず出生数が増えるようにせんとまずい」っつー、のが、要するに根っこの部分にあんだろうなぁ、というか、そういうアレを。
 で、出生数を増やすには現状、出産数を増やすしかなく、出産数を増やすには、まぁ、現実的には国民のセックス量(量ってなんだよ)を増やすしかない、ってことになるよねぇ?
 これさぁ、わからなくはない、という気もしてしまうんだよねぇ。自分がその中にいる、と思うと、自分のエゴイスティックな部分は「冗談じゃねぇぞ!」と思うんですが、同時に、これをもし自分が見下ろす立場だったら「確かに、民族が先細るかどうかという局面において、その民族を構成するひとりひとりの人生なんぞ考えてる場合じゃねぇな、「産めよ殖やせよ列島に満ちよ」政策にチェックマークつけなきゃならん局面かこれは」とか、思ってしまいかねない、というか……。いや、今がそこまで程度として追い詰まってるのかどうかはオレにはわからんけど、そこまで追い詰まっていると考えているのだとしたら、そこから次の一手としてそういうのが出てきてしまう思考は、まったく理解できないとは云えない、かなぁ、と。
 ま、だからって連中に多少なりともポジティブ評価を与えられるかっつーともちろん別ですが。それを云うなら、「少子高齢化の対策は少子化対策と高齢化対策の両輪がともに進まなければ効果がありません。「レイプするぐらいはむしろ元気がよろしい。女性は産む機械としての任をしっかり果たしていただきたい! 産めよ殖やせよ列島に満ちよ!」そして「老人は減るべし!」 以上をもちまして私の講演を終了し、老人であるところの私はまず後者の範たるべくこの場で「減る」ものであります!」つってその場で(文字通り)腹を切るぐらいされたら「やべぇ、ローフルグッドで正気度ゼロだ……」とか感心せざるを得なかったところかもしれんけどさ。(こっちの輪についてもやっぱり、建前としては「老人は減らさなければならない」のかもしれん、と思いつつも、本音としては、「みんな元気で長生きして欲しいし、自分が老人になったら、元気で長生きしたいよなぁ」と思うところでなあ……)
 というわけで、ちょっと脇道に入ってしまいましたが、「規制派は性犯罪が増加することを望んでいるのだろうか? だとしたら何故?」に戻ります。
 さすがに、犯罪が増えること自体を望んではいないだろう、とは思うんですが。
 これが、「セックスしなくなる」て話まで行っちゃうとさぁ。ヤバいんじゃねぇの? と。
 それって、要するに、出生数が減る、ってことに、なっちゃう、んじゃないでしょうか。
 つまり、「画像で自慰しまくれば、少子化は進行する」
 ……ってことは、規制派の本来のゴールって、「たとえ犯罪が増えたとしても(かれらに好意的に考えれば、「それは数としては許容できる程度に少ないであろう」ということになるでしょう)国民はもっと現実にセックスするべきであり、それによって国民は増えるべきである。「そのための」ポルノ規制である。何故「児童」ポルノをまず規制するかと云えば、もちろん、より若い層の現実のセックス量が増えることが望ましいからである」あたりに、もしかして、あるんじゃねぇの?
 本音の部分ではね。そりゃあ、「ふざけんじゃねぇぞ! 表現の自由や被害者の人権を何だと思っていやがる!」と、思いますよ。
 けど、それは「云っていいこと」なのだろうか、とな……。ちょっと思ってしまいもするのがな……。
 より政治的に正しい建前は、「たとえ表現の自由や被害者の人権を制限することになっても、出生数の増加を優先すべきである」というほうに、もしかしたら、あるんじゃないのか? というアレがな……足元に忍び寄ってくるようなアレがな……。
 おそらく、規制派の大半はそんなことは思っちゃいねぇと思うんですが。
 規制派の中心にいる連中の思考は、もしかしたら、そっちなんじゃねぇの?
 「画像で自慰しまくれば、セックスしなくなる」なんて、規制反対派が云った日には、規制派からしてみれば、それこそ我が意を得たりとばかりに(決して口にはしないであろうとはいえ)「そらみろ、お前らもまた、規制が必要になる真の前提の部分では我々と同じ思考にあるのではないか! 同じ前提に立っているのに、民族というスパンで見れば一時的なものにすぎない「個人の権利」で民族の先細りを推進されてたまるか!」ということになってしまい、より(真の)信念の部分を強めてその歩みを力強く進めることに助力してしまうのではないか……と、そんな不安に襲われた次第でありました。
 以上、オレの正気度がかなり減ってる気もしますが、ま、寝言とかそういう感じのアレということで。
2014/06/11 (Wed)
■ Comment
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *