FC2ブログ

   深度 、急速潜行~
[日々のいとまに]140513 ~末端のヒロポン~
▼例によってほけーっと日経メディカルなど眺めてて、なんか妙な記事が目に飛び込んできたり。
 「市販薬時代の「ヒロポン」添付文書と坂口安吾
 ……フムン、と思って開いてみて、いきなり目を疑う事態に陥ったのでした。
 「「ヒロポン」という商品名で今も医療用医薬品としてナルコレプシーなど限定的な疾患の治療に使われている」ってマジで!? 現役で普通に(じゃないにせよ)売られてる!? っつーか、その名前が生きてるのかよ!
 ってことで、全速力で読んでしまいました。かなーり興味深い記事だったと思う次第。
 そして、それはそれとして、医療用医薬品として現役ってことであれば、薬価決まってるんだよね? とちょいと調査。どうやら「1mg 錠で 295.20 円」つーことな模様。ってことは、ヒロポン 1g とすると、その 1,000 倍で、295,200 円という計算でしょうか。
 で、ところでいまどき覚醒剤の末端価格ってどんくらいだっけ? とちょちょいと調査。こちらの記事によると「覚醒剤1グラムあたりの価格は(中略)24年以降は7万円に下落」とのことで……あれ、暴力団経由の覚醒剤って大日本住友のヒロポンに比べて異様に安い……? っていうか、だいたい医薬品ヒロポンの 3 割負担の金額に相当するぐらい?
 いやまぁ、このテの「覚醒剤」が実際物質として何なのか知らん(たとえば、物質として違って分子量が違えば、同質量でも同量とは計算できないよね的な意味で)のではありますが、妙な結論になったものであるなぁ、とか苦笑してしまった次第でありました。
 ……で、メタンフェタミンのジェネリックとかねぇのかな? とかまぁ、あるわけねぇか! いや、上述の暴力団経由品がある意味それ……なのか……?
2014/05/13 (Tue)
■ Comment
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *