FC2ブログ

   深度 、急速潜行~
[日々のいとまに]140505 ~ビールクズ関連~
▼例によってついったー経由で 2 件発見。というか、それぞれにいろいろとまぁ思うところがあったわけですが、見比べて面白いなぁとかそういうアレがあったので。
 そのいちー。「クールビズ反対! 2014(写真家・ノンフィクション作家「神立尚紀(こうだち・なおき)」のブログ)
 そのにー。「クールビズ普及の真相(小田嶋隆の「ア・ピース・オブ・警句」 ~世間に転がる意味不明)
 えー、オレは、子供のころは「大人になったらネクタイしなくていい仕事がしたいな」と思ってたわけですが、今は夏でもネクタイする仕事で、そういう仕事であることを気に入っているわけです。
 子供の頃ってのはつまり、大人(の男)はネクタイして働くものだ、というのが当たり前だった時代で、今ってのはつまり、その逆に、夏はネクタイ外してクールビズるものだ、というのが当たり前の時代なわけでして。
 オレは昔は「ネクタイするもの」という同調圧力に忌避を感じ、今は「クールビズるもの」という同調圧力に忌避を感じている、だけ、なのかなぁ、とかそんなことを、2 件の記事を見比べて考えた次第でありました。
 ……つーかビールについてもアレか、乾杯はビールで! が主流だった時代にはビールなんか飲まなかったけど、そういうのがなくなった今となっては普通にビール飲んでるわけであり……。要するに「やれと云われるとイヤになる」子供の感性ってだけかこれ?
 いやまぁ、服装については、単純に、「拘束感のある服を着る」ってのが、「着心地」の面でそんなに悪くないんじゃね? と、大人になっては思うようになってる、って面はなくはないかもですが。あーでもあのクールビズれという同調圧力に不快感を覚えてるのも事実だけどにゃあ。っつーか実際、ネクタイで暑さ寒さの感覚が変わるとはまったく思えないんだがにゃあ……。つうか、差がないとは云わないにせよ、ネクタイなしであれば平気な程度の暑さであれば、ネクタイしててもべつに平気だし、ネクタイしてると耐え難い暑さには、どうせネクタイ外しても耐え難いよなぁ、という意味で大差ないと思う次第。
2014/05/05 (Mon)
■ Comment
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *