FC2ブログ

   深度 、急速潜行~
[Life as a Half Drow]有利な特徴、不利な特徴
▼ここんとこ、ちょっと、GURPS 関連のつぶやきを目にする機会が多いような気がしてたり。
 こちらとか。
 ああ、うん。「不利な特徴」ね。
 あれ自体は、最悪の発明だったと思う次第です。ま、実際、それに影響されたとされる後代の例においては、ああいう有害度の高い(あ、当然ですが個人の感想です。以下同じ)面は(これまた個人の感想ですが)削られてってる感があるわけで、今さら云うようなことじゃないとは思いますが。
 あれさぁ、結局のところ、「ポイントのために強力に不利な特徴を取って、それが実際にはプレイに実害与えないようにいかに口先でゴマ化すかという試み」か、「破滅的な方向を指す不利な特徴を取得して、それを持っていることを盾にゲームを破壊しようという試み」か、どちらか(または両方)を助長するだけのブツにしか、わたしには、見えなかった次第であります。
 ってことで、妖魔夜行の「デフォでポイント大量にあげるから、「放火魔」をどう運用するかがゲームの軸だというふうに考えないでいいよー」ってのは素晴らしい方向付けだったと今になって思ってみたりする次第です。あのくらい、相対的に「不利な特徴で得られるポイント」が小さくなれば、本当に味付けとして使える、使いたいと思える、もののみ取得するという「自由」の要素として働きうるからねー。
 えー、重ねて申し上げますが、あくまでも個人の感想であります。
 実際のプレイ? 1 回(またはテストラン的な 0.5 回?)だったかな……?
 まぁ、たくさんキャラ作る根性もなかったので、夢の島の隆盛にはあまり貢献してない、かな……?
2014/04/25 (Fri)
■ Comment
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *