FC2ブログ

   深度 、急速潜行~
[スポンサー広告]スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--)
[Life as a Half Drow]Human Paladin Naon
▼さて、今週末から 4 版の新キャンペーンが始まるそうです。
 なんかこないだクラシックの同ネタが始まってたような気もしますが……まぁ、さすがにクラシックで長丁場の気合は悩ましいところであったのだろうなぁとかそういう感じで納得しつつ、今度こそと期待するぜ!
 ……ってことで、何やっかなーとダラダラ考えた次第。
 この主題はもう何度も試みられては中座しているネタであり、自身を中心としただいたいの流れとしては以下のような感じだったでしょうか。いくつか忘れてる可能性も高い?
 初代 3 版(フランチェスカ:ヒューマン・トランスミューター・女)→3.5 版(メルキナ:ラプトラン・エヴォーカー・女)→3.5版(リル。ハーフリング・ファイター・女)→クラシック(ロルカム:エルフ・男)
 ……ってことで、そろそろ初心に戻ってみるかのう……と、4 版もそろそろ爛熟期ということもあり、ここまであんまし内輪では活用された記憶のない「儀式」の要素をフル回転させての制御役なんかもアリか、とか思ったりもしたわけですが、このマスターは、そうした「搦め手」的な志向にスゲェ勢いで心折れがちな方なので、そのあたり慮って一応問い合わせなど。
 「儀式制御と撃破、どっちがいい?」
 「撃破」
 うん、だと思った。
 まぁ、心折れるだのなんだのと云いつつ、わたしが全開でそれ系(ドルイド)やったキャンペーンが見事完走してるあたり、むしろ実は好きなんじゃねぇの? ツンデレ? なんてなことも思わないではないのですが、ここは素直にご指示に従っておく方向性に。
 なお、主題からして主役は artemis のパラディン「エルトリア」にすでに決まっているようです。素直に考えればパラディンは防衛役。ひと枠はこれで決まり。で、あとは Wao のファイター(防衛か撃破)、 DISK の撃破(バーバリアンまたはアヴェンジャー。本人は防衛にも食指蠢動あり?)、BOSS のウォーロード(指揮)といったあたりがかなり確度高く固まりつつある模様。フムン。見事に全員装甲だな。
 ここでソフトスキン撃破(自走砲? あれ、自走砲ってソフトスキン扱いだっけ? よく知らん。まぁ、DnD 的に云いたいことは通じると思うぜ!)というのもないではないのではありますが、やったことあるのは避ける(だって 1 レベルスタートじゃ同じモノになっちゃうもんよ。性能的に同じモノを違うキャラとして演じるには 4 版はデータがタイトなので、わたしの脳では切り換えが効きません。性能からして別のものにしないと)ということでソーサラーは回避。気分的には今回は「CHA and STR or DEX 種族」というのがあって INT 型も回避。ウォーロックはなんか契約がピンと来ない(契約テクスチャがピンと来るものは性能がピンと来ない) レンジャーはやった(双槍。単発だったのでまぁ、これは再度でもいいっちゃいいのですが。絵的にはエルトリアの隣にテルミット・ゴディバはアリでしょうし) ローグはやっぱりチェンジリングでやりたい、ということで、考えてて、流れ着いたのが。
 「パラディン(撃破)」
 でありました。
 ……うん、いや、エルトリアがここでこれをやるってのもワンチャンあるかもとは思いますが、まぁ、さすがに薄いだろうということで。
 ヒューマン(のフリをする。受動はったり 22 だー!)・パラディン(撃破)・女(これはなんとなくで。ここだけ初心に戻る感じ?) とかそんな感じでどうよ。
 粗く計算したところ、Level 1 スタート時点(マジカルアイテム補正なし)で AC 20、Melee Basic Attack +8 or +9 vs AC、1d8 + 4、戦術的優位があればこれに +4、自分が重傷ならさらに +2。無限回パワーで、接している敵の数が増えれば 1 体ごとに +2(殴ってる時点で +2 はまず乗る) というのがあるので、2 体の敵に接して挟んで殴る、という普通にありそうな景色において、+8 (or +9、命中フィート取れば) vs AC、1d8+12 で無限回で殴る……という、まぁ、定常火力としては悪くはないブツができそうな予感……? 爆発力は他の撃破役に数歩譲る感じで、遭遇毎(その後回数は増える)に 4 点ダメージ(確定)+ヒット時に 5 の継続ダメージ(save end)ってなモンですが、爆発型はバーバリアンかアヴェンジャーに任せて、こっちは高機動力(重装して移動力 6 だぜ)と重装甲(撃破で AC 20 なら御の字でしょう。マークやオーラを乗せてもらえれば 22 相当!)と無視できない程度の破壊力(上述) で電撃浸透突破を図る、MBT! MBT! というか、RPG 的に云う「タンク」というよりむしろ作戦思想としては「パンツァー」的なアレで! あ、いやまぁ、実際にはパンツァー的アレも航空支援あってこそ云々てのもアレですが、「戦車で敵中突破ダッゼー!」的なノリ的イメージ的なアレで。
 うむ、キャライメージも盛り上がるじゃないですか。「白の」または「光の」エルトリアに対し、後の伝説で、常にその隣で、常にその「影」となり、後背を守り、行く手の露を払ってきたひとりの「赤き」女騎士の姿があった。しかし、その実像についてはふたつの異説がある。ひとつは小さな体に大きなハンマーを携えた鉄槌の騎士リル。そしてもうひとつが、「血」と「影」と「夜」の騎士(名前はまだない)
 まー今回はこの調子だとみんな「重装甲の殴り型」になりそうなんで、勝手にそういうノリで盛り上がるのもアレですが、「パラディン&パラディン」って点で周囲の前衛とは差別化をはかる的な? あるいは、「みんな鎧と剣で!」の脳筋パーティーすなわち「エルトリアと円卓の騎士」てのもアリアリですが、民のノリや如何に? 制御はそうなると、プレイヤー的には枠が vabo しかあいてないですが、ブレイドシンガーあたりになってもらうか、ミルディン的にただひとりウィザード/ドルイド系の味つけで行ってもらうか。
 まぁ、モルガン系もちょっとは考えたのですが、詳しいわけではない(というかたぶんかなり疎いほう)のでやめとく方向性で。
 円卓方面も悪くはないんだけどねー。なんせ、最初に「パラディン(撃破)」に到達した時点で描きはじめたイメージが zero バーサーカーだったわけであり……。まぁでも、あんま広くイメージ巻き込み政策を展開するのも疲れるしアレなのでこれも、積極的に仕掛けるのは見送りの方向性で。
 とりあえずビジュアルイメージは「赤主秋葉」あたりを現時点では軸、かなぁ。まぁ、重装甲前提なので、あんま云ってもアレですが。一応、エルトリアと同じ画風のイメージも用意しとこうかねぇ的なところでひとつ。
 で、Human Paladin L で「HPL」にできないかなーと思い、ジェンダーに「L」ってあったっけ、と思い、あ、「LGBT」の「L」でいいじゃん、と思ったのは秘密の方向性で。エルトリアにラヴな女性 PC でとかあまりに設定にハマりすぎだ! あんまり開始前から深入りするといろいろ大変なので、最初は抑えて抑えて行かないと!
2014/01/21 (Tue)
■ Comment
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。