FC2ブログ

   深度 、急速潜行~
[日々のいとまに]131225 ~クロスボーン・ガンダムゴースト 5 巻~
▼長谷川裕一「機動戦士クロスボーン・ガンダム ゴースト」5 巻読了。
 ……いや、ファントム、カッケェとは思うんですが……これたとえば VS シリーズの自機として登場したときにカッケェと思えるかどうかは非常に悩ましい予感が……。
 などとしょうもない寝言をつぶやきつつ水面下に。
 ここから水面下ー。
 今巻の主役は「地球」でしょうか……。という感じで、地球が地球な描写そのものがアツい 1 冊でありました。つーかジャブロー、ティターンズの核の後にしては見た目がマトモそうなような……?
 地形特化の珍マシーンズはまぁおいといて(水中に棒立ちとか、それ的って云わないか?)地形を利用されて、地形を書き換えて勝つ、とかもなかなかアツいものがありましたし、まぁ、なんといってもあの「臭い」の描写だよなー。まぁいきなりジャブローではそりゃそうかもですが、いくらきれいにしようとしてても閉鎖環境の「臭い」って開放空間のそれとはまた違うアレさがありそうなところなので、そのへんも興味深いなぁと思うところではありました。毒虫ウヨウヨみたいなのはたぶん、宇宙の住環境にはなさそうなので、地球特有っぽく描写されても納得なんだけどねー。
 つうかまぁ、やっぱ「戦闘描写の舞台」として考えると「地球上」は偉大ってのは認めざるを得んよなぁ、というようなことも思ったり。エンジェルコールとかの大ネタとりあえずサッパリ忘れてしまいそうになるインパクトがあるので……。
 で、最後にそういえばそんなのいたなぁという感じで重要人物登場したと思ったらゲアガリング見参! て感じで次回へ! うむ、オーラバトラーのほうが似合うかもしれんな……。
2013/12/25 (Wed)
■ Comment
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *