深度 、急速潜行~
[日々のいとまに]131216 ~あさひなぐ 10 巻~
▼こざき亜衣「あさひなぐ」10 巻読了。
 試合モノの難しいところ(のひとつ)って、たとえば公式戦の大会とかになると、往々にしてトーナメントなわけで、トーナメントで試合を続けて戦うためには勝ち抜いていかなきゃならないわけで、そのあたりが「勝ったり負けたり」の物語にしにくいところではあるよなぁ、というのは思っていたところではありました。
 で、(勝ち抜きではない)団体戦をやる競技ってのは、団体戦としては勝ち抜きつつも、その中で、個人としては「勝ったり負けたり」が可能ってのは便利なところなんじゃないかなー、というようなこともまぁ、ちょっと思ってはいたわけですが。
 公式戦的なアレではなくても、いろいろ積み上げてきた因縁、じゃないけど、そういうのがあれば、しっかり盛り上がるし、敗退後も総当り的な仕組みなら熱量維持できるし、練習試合的なのを重ねるのも、アリだよねーこうして見ると。というか、総当り的な描写で充分に全国規模の対戦が繰り返されてる感が出せるってのは、競技人口も少ないっぽい種目の優れた強みなのかぁ、とかそういう感想が加わってみたり。
 以下、ちょちょいとネタバレ込みで水面下に。
 ここから水面下ー。
 つーわけで全般に熱い 1 冊(ってこのシリーズはいつもだけどね!)でしたが、絞っていくなら、今巻もやっぱ、将子(&文乃)かなー、といったところで!
 うむ、さすが「エース候補」! てかそうだったのか監督!
2013/12/16 (Mon)
131215 * Top * 131217
■ Comment
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *