深度 、急速潜行~
▼とりあえず Fochlucan Lyrist(FL)の試案をいくつか考えてみますた。
 まず、前提として Brd1, Rog2, Dru1 を想定してましたが、Complete Adventurer(CA)にバード 1 レベル呪文として強烈なのが載ってるのを発見したので Brd2 は必須となりました。
「Inspirational Boost: Swift で Inspire Courage の効果を +1 する」
 ぐはぁ。バード低レベルでも歌いだしたらアタックロールとダメージロールに +2 ですか。とりあえず序盤はこの +1 ソングで「存在を主張」するしかないバードには外せない一品ですね! はふんっ。
 ということで、Brd2, Rog2, Dru1 を下積みとしていくつか試案を。
 試案 1: Brd2, Rog2, Dru1, Ftr4, あと 1 レベル何か
 BAB 重視で、かつ開眼を取れるのでこの選択はアリかと。あと 1 レベルは BAB を伸ばせてレイジがついて移動が伸びて HP も増えるバーバリアンが現時点で最有力候補。ウォーチャンターのセンはどうやっても INT 13 が確保できそうもないので却下。
 試案 2: Brd3, Rog3, Dru3, 内どれかひとつを 4 に
 昨夜の時点では試案 1 が最有力だったんですが、寝る直前に思いついたのがコレ。並行マルチなら種族を変えられる=DEX16 CON12 を目指すのに便利なエルフが選べる、という点でにわかに有力候補に。
 どれを 4 にするかは悩ましいところで、まずバードにすると下積み時代に 2 レベル呪文が取れるのが大きいです。ソング・オヴ・フェスタリング・デス(BoVD)ががが。とはいえ、並行マルチの都合上、4 レベル目を取るのはキャラクターレベル 10 の段階になるため、FL になってからキャスターレベルを伸ばしても時間的には差は少なそうかも。
 ローグを 4 にすると、直感回避がついてくるのが素敵。AC は DEX 頼りにならざるを得ないので。ローグはスキルポイントの潤沢さも魅力的なので、たぶんこれが最有力候補。
 ドルイドを 4 にすると、相棒に強めのが選択可能になるのがメリット。ただ、4 レベルで増える選択肢には個人的にさほど魅力的なのがいないので恐らくこれは却下。パーティーにシェイパー/コンパニオン系ドルイドがいる予定なので、ネタかぶってもつまらんしなぁ。ダイアバットはちょっと捨て難いですが、まぁ乗って飛ぼうとか考えなければイーグルかアウルでいいかなぁと。レベル 1 から貰える相棒の強化はドルイドレベル 3 と 4 で変わらないし。
 ローグについては、スニーカーを目指す気がない今回の構成では 3 レベル止めに魅力がないわけで、どうせ 3 まで取ったからには 4 まで行って直感回避もつけたれ、というのもあります。
 バードはライトアーマーで S 要素のある呪文をキャストできるんですが、これは Battle Caster でミディアムアーマーに伸ばすことはできなそうなんだよなぁ。となると結局 FL になってもライトメタルアーマー(ミスラルブレストプレート)が限界っぽいわけで、そうなるとファイター取るメリットが薄れるわけで、今は試案 2 のほうに気持ちは傾きつつあります。
 ということで試案~。

 Elf, Str 14, Dex14+2, Con14-2, Int10, Wis14, Cha14 (32 Pts)

1: Rog1, BAB: 0, ST: Fort+0, Ref+2, Will+0, Sneak +1d6, Feat: Artist(regional)
Skills: 解読 4, 情報収集 4, 軽業 4、捜索 4、聞き耳 4、芸能・弦 4、視認 4、魔法装置使用 4

2: Brd1, BAB: 0, ST: Fort+0, Ref+4, Will+2, Bardic Music
Skills: 情報収集 5、軽業 5、聞き耳 5、魔法装置使用 5、芸能・弦 5、知識・自然 1

3: Brd2, BAB: +1, ST: Fort+0, Ref+5, Will+3, Feat: 迎え撃ち
Skills: 情報収集 6、(芸能・歌 2)、魔法装置使用 6、芸能・弦 6、知識・自然 2

4: Dru1, BAB: +1, ST: Fort+2, Ref+5, Will+5, 相棒、ドルイド語, up to
Skills: 交渉 4

5: Rog2, BAB: +2, ST: Fort+2, Ref+6, Will+5, 身かわし
Skills: 捜索 8、視認 5、芸能・弦 8、魔法装置使用 7

6: Dru2, BAB: +3, ST: Fort+3, Ref+6, Will+6, Feat: (バスタードソード習熟)
Skills: 知識・自然 6

7: Dru3, BAB: +4, ST: Fort+3, Ref+7, Will+6
Skills: 知識・自然 7、交渉 6、(動物使い)

8: Brd3, BAB: +5, ST: Fort+4, Ref+7, Will+6, up to
Skills: 芸能・弦 11、(呪文学 1)、情報収集 7、交渉 7

9: Rog3, BAB: +6, ST: Fort+5, Ref+7, Will+7, Sneak +2d6, Feat: (強打)
Skills: 芸能・弦 12、(解錠 1)、解読 7、魔法装置使用 10

10: Rog4, BAB: +7, ST: Fort+5, Ref+8, Will+7, 直感回避
Skills: 手先の早業 7、芸能・弦 13

 未定の要素はカッコで囲んでみますた。
 フィートについては、せっかくの STR を活かす&どうせソマティック考えると盾は持てないならパワーアタックは欲しいかなぁという程度。なので、盾持ち方向になりそうなら(マジカルな盾がガンガン持てる財政状態になるなら)バッソにして片手か? というのも。どちらかでよさそう。リリックスペルとエクストラミュージックを併せて取るというのも面白そうですが、リリックスペルで呪文をキャストした場合のコンポーネントとキャスティングタイムについて勉強せにゃ。
 スキルについては、一応クラススキルで未習熟で使えないものは取っておくか? ってのと、ソング・オヴ・フェスタリング・デスに歌が必要だったようなおぼろげな記憶から。5 ポイントほど一応は余裕があるっぽいので、素直に言語でも取るというのもアリかも。
 種族をヒューマンにすると初期 DEX が 15 までしか上げられないかわりにアウトワールドリィ(60' Dark Vision)が取れてスキルポイントが 1 / Lv 増えるわけで、普段なら絶対こっちなんだが、今回は前衛が明らかに不足するんでなぁ……AC は 1 でも欲しいところ……。ギャフン……。
 とりあえずプレステに必要なスキルだけで 48 点、貰えるスキルポイントが 86 点なので残り 38 点。これを軽業 5(必須!)、魔法装置使用に 10(ロマン!)、聞き耳、視認に 5、捜索に 8(エルフの種族ボーナスと併せて Take 10 で DC 20 が通る)と振っていった残りが 5 点……厳しいのう……。まぁ、お金の出方しだいでは装備での強化は有り得るわけですが、これでローグがわりは名乗れないわなぁ……とも思ったり。
2005/09/02 (Fri)
050901 * Top * 050902
■ Comment
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *