深度 、急速潜行~
▼などと云いつつ本屋をほけーっと歩いてたら修羅刻の文庫版とか出始めてるのかもしかして!?
 よし、何巻扱いになるか知りませんが、「陸奥雷の章」読んでおくように!
 ……あれ、でも、OTTO 先生は修羅刻は読んでた、よね……? ような気がするのじゃが……気のせい……? 当該章は「西部劇篇」と通称されるあれっすよー。
2013/08/12 (Mon)
■ Comment
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *