深度 、急速潜行~
[Life as a Half Drow]あんまし囁かれた印象がないのじゃが
▼「夢で囁くもの」最終回こなしてきました。つっても、マスターによると「結局まったく原型をとどめないシロモノになった」とのこと。フムン。まぁでも一応ネタバレは回避傾向で。
 で、この市販シナリオ、シティアドベンチャーなわけですが(いや、実はシティでもなんでもないのを換骨奪胎してシティに仕上げてきたってことはないだろ、さすがに)捜査活動(?)の中心人物だったパラディンのプレイヤーが帰省のため出席できないということが直前になって判明。ぴんち!
 んやまぁ、ラスト戦闘の最中でこそないものの、何度かのセッションに分けてやってきたシナリオ、しかも捜査系で中心にいたキャラがおらんってのはどうなのよ? と疑問がわいてくるわけで、「決行しちまってええの?」と BBS でマスターに問うてみたものの、まぁあまりに直前すぎて返答もなく当日の朝に。
 うーわーあー。
 どうすんだよ。
 サードの明らかな弱点はその重さだよなぁ、と思うわけですよ。値段はまぁいいさ、金を払うのは最初に買うトキだけだ。まぁサプリが続々出てくればそうも云ってられなくなるという見方もあるかもしれんけど、たとえば基本ルールだけで遊ぼうと思ったら、基本ルールの代金払えば出費は終了で、たとえば値段の安いルールに比べて 10 倍の回数遊んで 10 倍面白かったら値段が 100 倍でも費用対効果は同等です。いや、面白さが 10 倍って何云ってんだかわかりませんが。
 しかし、重さについてはなぁ。遊びに行くたびにその重さを運搬せにゃならんわけで毎回毎回「輸送の手間」というコストは支払わにゃならん。
 今回は 3 版コアのみというレギュレーションのキャンペーンだったので持ってくのは 3 冊だけでしたが、なんせ前回が AR だっただけになぁ。重さがこたえたヨ……。
 いや、何で重さの話になったかっちゅーとあれだ、もし欠席が重いがゆえに今回はキャンペーンの続きは中止して別のモンやろうぜーってなコトになった場合のために保険かけようとすっとさらにヤケクソに重い荷物を運ばなきゃならなくなるわけでなぁ。
 ま、実際に行ってみたら決行になったわけで、杞憂だったわけですが。
「パラディンは風邪ひいて寝込んでるってことで」
「いや、病気完全耐性だべ?」
「うるせぇー! どんなに耐性が進歩しても風邪だけは克服できねぇんだー!」
「なんじゃそりゃー!」
 まぁそんなカンジで。
 防御的前衛の役割を一手に引き受けていたパラディンがいなかったせいもたぶんあって、最後の戦闘はもう激しく大変な展開になりましたが、マスターの素敵すぎるダイス目の不調により奇跡的に死者一名を出しただけで生還。今回のキャンペーンで初の死亡者でしたが、あの状況考えたら上出来も上出来じゃろ。フー。いや、マインドフレイヤに先制されてマインドブラストで 4 人中 3 人が昏倒したときにゃあもうダメじゃーっ! と思ったね! 最後のアガキで張ったインヴィジビリティ・スフィアに 50% ミスチャンスを神がかり的な勢いでハズしてくれたマスターのダイス目に大感謝。
2005/08/22 (Mon)
050821 * Top * 050822
■ Comment
・へぇ
病気完全耐性、うらやましいですねプレイヤーが。
賞味期限が過ぎたモノを食べても大丈夫だし虫歯にもならないのでしょうか。あぁ、口内炎もできないのかも!

でもカゼはあなどれない病気ですよゲフン。
2005/08/23(Tue) 17:36 * URL * がちゃ #-[編集]
 いやあ、まぁ、「仮病」とかにも完全耐性なのでときどき不便かもですが!(パラディンは仮病を使わないと思うけど!)
 風邪は実際あなどれませんな。
 おだいじに。ん? もう治った? 失礼しますたっ
2005/08/23(Tue) 20:29 * URL * DRR #/7QgdNBM[編集]
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *