深度 、急速潜行~
[日々のいとまに]130610 ~冬螢~
▼森真沙子「冬蛍 日本橋物語10」読了。
 短編集として、相変わらず素晴らしい仕上がりだったわけですが、今回はラストのエピソードが、まぁ、直球といえば直球ながら、すっさまじぃ熱量でございました。つーか、シリーズで初じゃね? ここまで容赦ない撒いた種の収穫っぷり。
 しかも、これは見てるこっちの妙な思い入れバイアスが大きい気もするといえばしますが、忍者部隊の活躍っぷり、というかその描写が、隆慶一郎方面めいてたようなアレが。
 うむ、このシリーズは、じんわり染み入る系の熱量だと思ってました(てゆか、実際今巻も多くのエピソードはそういう方向性でした)が、こういう大上段もあるんだなぁ、て感じでしびれたぜ。
 てことで、引き続き続きを楽しみにしてゆく次第です。
2013/06/10 (Mon)
130609 * Top * 130611
■ Comment
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *