深度 、急速潜行~
[日々のいとまに]130523 ~想像上の青少年(再&追記)~
▼とりあえず過去書いたモンにリンクー。基本的な考え方はあんまし変わってないのでー。
 つーか実際のところオレは児童性愛者ではないので、そのまんまで想像することはできないのですが、実際のところ直球な異性愛者の視点で考えると、実際の二択で「どっからどう見ても女にしか見えない男」と「どっからどう見ても男にしか見えない女」を提示されたら迷わず後者、なわけですよ。こっから連想するならば、児童性愛者は「どっからどう見ても子供にしか見えない大人」と「どっからどう見ても大人にしか見えない子供」の二択なら迷わず後者なはずであり、また、実際に我々が「児童に対する性犯罪から守るべき児童」というのも、この二択ならば、「どっからどう見ても子供にしか見えない大人」ではなく「どっからどう見ても大人にしか見えない子供」でありましょうってかこれ当たり前だよね?
 もちろん、「どっからどう見ても子供にしか見えない子供」というのが最も数としては多いでしょうし、それゆえ最も守るべき対象として中心として据えられるはずではありますが、その点について申し上げたいのが、「だから、どう見えるか、ではなく、どう設定されているか、で線を引け」なのであります。以前は絵に絞った話をしましたが、これ実は実写だろうと同じだと思うんだよねー。成人であることが明らかなポルノ女優が児童の設定でポルノやってるってのは、ポルノ表現が実際の児童に対する性犯罪を誘発するという前提で考えるなら、相当にその誘発力が強いんじゃねぇのかと思うんですがどうか。これが、年齢不詳、だけど作り手は成人であるという確証を持っていて、捜査権をもって問い合わせたりすればそのことについて裏が取れる、しかしどっからどう見ても子供にしか見えない成人ポルノ女優が、たとえば「35歳の高校生」という設定でポルノやったんだとしたら、その誘発力は相当に限られたものになる、と、オレは思うんですが……。ん? 実際に児童であるポルノ女優が児童の設定でポルノやったら? そりゃ表現云々以前に児童に対する性犯罪の実践であり、さっさとそっちでしょっ引けという話だろ。
 ……あ、もうひとつ問題があったな。まぁやっぱり「この作品の登場人物は全員 18 歳以上です」はねぇ……どうかと思うので……。以前は「「児童ではないとされていないもの」ではない」とか云いましたが、そこは譲歩かなぁ。「過半数ぐらいの日本人(これは重要でしょう。日本人、全般的な傾向として、外国人(人種国籍問わず)に比べて年齢下に見えるらしいので。ホントかウソか知らねぇが)が児童であると判断するような見た目である場合、児童ではない年齢設定(成人年齢はそれぞれの世界または種族の設定に基づくものとする)がきちんとなされていない場合は児童であると看做して取り締まりの対象とされうる」ぐらいはまぁ……かなぁ、と。18 歳未満にしか興味ない児童性愛者で、「18 歳以上です」というだけの明記に対しては鼻で笑って「だがストライクゾーンだ!」と云えるけれど「21 歳です」という明記に対しては「あーそれは見逃しだなー」と云う人ってのは、けっこういるんじゃないかと想像。……ま、自分の嗜好とズレズレだと想像するしかないのが弱いっちゃ弱いんだけどさ。それは取り締まりたい連中だってそう(……だよね?)なんだし、お互い様だよねぇ? あ、あとあれか……年齢設定が 3 ケタ以上の人外であり上述の条件に合致する場合は「下 2 桁が 18 以上であること」とか……? ……なんかやっぱだんだん増築が無秩序な感じになっちまうかなぁ……。
 なお、オレは実際のところ直球な異性愛者なわけですが、その視点で考えて、「絵の上での」の二択で「どっからどう見ても女にしか見えない男」と「どっからどう見ても男にしか見えない女」を提示されたら、前者もアリアリなわけですよ。そんくらいには「実際にどう行動するか」の次元においては想像上の存在というのは実際のそれとは別のアレであり、そもそもやっぱり純想像創作をそういう影響源として想定するのはまともじゃねぇ、という前提は揺るがないのではありますが、ま、それにしても「野放しすぎるのも……なぁ?」というのもわからんではない(ってか実際、流通ってか陳列については、野放しでいいわけねぇよなぁ、と、オレでも思うわけだしさぁ……)ので、そこんとこは敢えて一歩反対側に寄って考えてみた次第でありました。
2013/05/23 (Thu)
■ Comment
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *