FC2ブログ

   深度 、急速潜行~
[スポンサー広告]スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--)
[日々のいとまに]130422 ~ネタバレの恐怖とか~
▼ついった経由で「ネタバレを過剰に気にしすぎることの弊害について
 うむ、仰ることはまったくその通りであると思います、んが、まぁ、「ネタバレですよー」という注意書きはしといたほうがまぁ、無難かねぇ、とは思うあたり、オレも適応してるってことなんかなぁ? べつにオレ自身がネタバレやめてよと責められた経験があったりするわけでは全然ないんですが、予防線予防線。
 んがしかし、個人的には、警戒すべきネタバレというものはやはり存在している、というふうにも思うのではあります。
 ネタを知っている、読み終えた/観終えたバラし手によるネタバレは、害が少ないと思うんですよ。つーかさぁ、古典の結末知ってても面白く読めるし、続いてる作品の「今巻は過去が舞台ですよー」なんてのも、ま、結末はわかりきってるようなモンだしね。てか続いてるってことじたい、その巻まではとりあえず主役は死んでねぇってネタバレのようなモンだしな。
 問題は、「読み終えていない/観終えていない」バラし手による、未必のネタバレ、のようなものでして。
 つまり、予測、だ。
 すげぇ予測者ってのがさー、いるんだよ。予測自体が見事であることに加えて、その予測を表現することがまた見事、ってのが。これが始末に負えない、と、オレは感じるのであります。そうでない方もむろん多いでしょうが。
 当たってようが、当たってまいが、予測の組み立てとその表明が見事すぎるために、その後の自分の読み方が、その予測に引っ張られてしまって、本来得られたはずの面白さを得切れなくなってしまう感に至ったりすることさえあったりするぐらいのアレで。
 先を知ってるバラし手によるバレならば、「ああ、そうなるのか……」と納得した後は、古典や、古典とまで云わないまでも筋を広く知られた作品を出遅れて追うという、まぁ、慣れてると云っていい鑑賞スタイルで鑑賞するだけで、べつにこちらの鑑賞姿勢が引きずられたりはあんまりしないで済むんですが、見事な予測とその表明に、まるで同意しない場合はともかく、いちいち同意してしまえた場合がもうダメダメ。
 最近の、最も強烈な、このテのネタバレ経験について、水面下に記します。
 なんで水面下かって? 「この作品は、そういう強烈な未必のネタバレが可能な作品である」という情報じたいが、もしかして有害なネタバレたり得るんじゃないか、とかそういう、ま、明らかに杞憂と思われる不安が拭えないからです。ホント、おかげで、あんだけ楽しく読み始めたシリーズが途中から視野狭窄を強いられる事態になっちまって勿体なかったぜ……。てか、未必のバラし手がその予測を書いた時点で、その作品はそこまでしか刊行されておらず、自分も同じペースで読んでたらまだ平気だったと思うんだけどねぇ……その予測を自分の中で消化し切った上で、さぁ続刊出たぞ! となってれば、その先の視界が引きずられる度合いも少なかったでしょうから。が、オレが読んだ時点ではもう完結まで刊行されてまして。うお、すげぇ予測読んじまった、し、オレ的にも続きが気になって仕方ねぇし、速攻続きも買ってくるぜ! と突っ走った結果……ということで、ま、不幸な連鎖があったことではありました。やれやれ。
 ……で、これの悩ましいところは、ついつい自分もやってしまいがちなんじゃねぇの? 見事ってほどのレベルかどうかはもちろん別として、ってことでございまして……。てことで、とくにあれ以来、続きモノの途中で予測系の感想とか書くときは、「当たりそうな予測」「予測の組み立ての表明」を意図的に回避してわざわざ突拍子もない系のことを書こうとかしてたり……するような……。うーむ、自意識過剰とかそれ系のアレ? 原作を知ってる作品の映像化とかだとまたヘンな方向にミスリード気味というか、フォーカスのズレたほのめかし系とか、そんなんが多めになって、我ながらヘンな感想ばっかが増えてるなぁと思う次第です。最近の「新世界より」関連とか「ガンダム UC」関連とか、まぁ、ひどいよねぇ……。自覚はないでもないんですが、ま、そうそう治らんかなぁ……かわりの方向性がなかなかつかめないからなぁ……。
 てことで、ここからネタバレ水面下ー。
 作品名は「15 x 24」 集英社スーパーダッシュ文庫刊、著者は新城カズマ。別名柳川房彦、蓬莱学園グランドマスターであった人物です。
 内容については書きません。で、今回は、特定の友人をまず名指しして勧めようと思います。Wao! 当然、この記事を目撃してればネタバレ警報なんぞものともせずに踏みに来ると確信している Wao! うちらのプレイグループで現状現代日本モノのマスターをやってる同志として、そして、「先日のナイトメアのセッションでまず思い出した作品がこれだった」ということも併記しつつ、読んでみぃ! と! 云ってみるぜ!
 で、完結まで読み切るまでネットで感想探しちゃダメです。オレの二の舞になりかねん、ぜ……。
 ……そろそろ読み返さなきゃなぁ、とは思ってるんですが、地層がアレで……なかなか難しいところなのでした……。3.11 以前の(本の)地層とかもう(ほんの)活断層の彼方だよねぇ実際……。
2013/04/22 (Mon)
130421 * Top * 130423
■ Comment
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。