深度 、急速潜行~
[日々のいとまに]130420 ~SHOOT BOXING 2013 act.2~
▼諸事情につき出遅れながら、「SHOOT BOXING 2013 act.2」観戦してきましたー。
 やー、途中からになることはわかってたので迷ったんですが、行ってよかったぜ! 今回はすげぇ火力でございました。
 以下軽く水面下に。
・RENA vs トウ・ペイリン
 なんかほとんどシュートボクシングのデモ動画かと思うような見事な RENA の勝ちっぷりでございました。トウ・ペイリンが弱かったとか悪かったとかではなく、「投げ」と「極め」のカードの有無がここまでワンサイドっぽい展開の原因、という感触かなぁ? てか、「つかむ」→「キャッチ」→「いったん外す」→「つかみ直し」とか、ほかのルール(グラウンドありの総合(あんま見ないので憶測気味ですが)における立ってる状態も含めて)じゃなかなかない展開じゃね? いったん外された時点でブレイクだと思ったらつかみ直されて今度こそ万事休してタップ、みたいに見えた次第。トウ・ペイリンもムエタイ系にしては首相撲等、組んでからの動きは不得手っぽい? とか思いましたが、そこは単に RENA がより上手だったってことかも?
・ナグランチューン・マーサM16 vs 才賀紀左衛門
 才賀紀左衛門はこれまでにも何度か見てはいますが、これまでの印象以上にいい選手だなぁ、と今回は感服。両者 1 度ずつ反則(っぽい)のを食らってましたが、マーサはあのとき休憩時間貰ってもよかったんじゃないか……とはちょっと思ったり。で、これで勝者が歌川と対決かー。けっこう熱いことになりそうな期待が湧いてきますな!
・鈴木悟 vs 坂本優起
 坂本、悟を食える域まで来てたのか……。強い強いとは思ってましたが、対大物外人がこれまでなかったので、いまいち位置が見えなかったんだよなー。んが、悟相手にこれなら本物と確信してよろしいかと思います。オレ的には坂本の左ミドルが 5 ラウンドの勝負を分けたんじゃないかにゃーとか思ったりもしたわけですが、これはまぁ左ミドル大好きっ子の贔屓目かも。悟は若干調子出てなかったというか、1 ラウンドが微妙だったよねぇという感触。2 ラウンドでは立て直したようには思いますが、その後も若干精彩を欠いた印象。や、欠いてたのは明らかなように思いますが、そこ(3R 以降)は坂本の手柄の部分と評価したいところということで。悟側の不調気味に帰すべきは 1 ラウンドに限られるんかなーと思っておく次第。
・鈴木博昭 vs モハン・ドラゴン
 モハンは初見だったのでどんなものか予想もできずに観戦に挑んだわけですが、1 ラウンドの様子ではいい感じで互角、1 ラウンドについては博昭が押しつつも油断はできない状態でさて次ラウンド以降どうなるか……と思ってたらラウンド終了間際に鮮烈決着。うっひょー! てなモンでございました。てか、同じように博昭に思って隙が生まれたか? とか勝手な想像もしてみたり。そしてモハンの試合後のスピーチにまた大笑い。予習ナシだったのであの日本語流暢っぷりには度肝抜かれたぜ!
・宍戸大樹 vs 高谷裕之
 宍戸の回りっぷりが異様でありました。というか、横特格後の裏拳はずいぶんといろんな選手が使うようになったなぁと今回は思ったわけですが、宍戸は回ったところから裏拳と後ろ廻し蹴りの二択になってるわけで、さらに始末に負えないよなぁ。出してる側はしかし一瞬背中向ける動作が、この場合「始動」になってるわけで、怖いんじゃないかなぁ、ともしみじみ思うところです。これは、前向いての回転系の技を空振った後のフォロー、として、もともとは宍戸も使ってたと思いますし、今同様の裏拳を使う他の選手もそうした動作が多いように思うわけですが、今回の宍戸は「始動」で使う場面も目立ったように思います。ひー。しかも、二択に対応されて反撃が来たのを、背中に目ェついてんじゃねぇの!? みたいな避け方したりするあたり、しびれるぜ……。試合の仕切り(レフェリーとジャッジの)は、一部でヤジも飛んでましたが、ちょっとどうなの、と思わなくもないところもないではなかったところではありました。結論としての、たとえば回復待ち時間とか、イエローとかレッドとかは、間違いだとは思わないんですが、それに至るまでがなぁ……。とはいえ、あのレベルの選手の立ち合いを仕切るのも本当に大変なことだとも思うのではありますが……。んがまぁ、トータルとして素晴らしい試合、素晴らしいメインでありました。高谷も自分のフィールドでの試合を見てみたい好選手ですな。
 そして、興行後 1 時間とかいう驚異的な早さで試合動画が配信されるというサービスにも仰天。すごすぎねぇこれ? 技術的には可能だろうし、正直、観る側だったら誰もが思いつきそうなサービスではあります(実際、何故やってくれないんかなぁ、権利料金とかの問題だろうけどさぁ、と、かなり以前から思ってました)が、これに、商売でやってる運営側がゴーサイン出したってことに感服です。ふおおおまたタブレット買わなきゃならん理由が増えちまったじゃないか、どうしてくれる!
2013/04/20 (Sat)
■ Comment
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *