深度 、急速潜行~
[Life as a Half Drow]Global Horror
▼てことで、次回セッションはわたしのマスターでクトゥルフ、ということになりそうでして、まだ日はありますが、そろそろと構想を立ち上げつつあったり。
 で、ちょっと思い出したのが先日のナイトメアのセッションでして。
 自分の PC の弁護士の「最近の生活」として、思いつきで、「TPP が来たら弁護士業界(なんて言葉あるのか?)はどうなるか、の調査とかしてる」とか口走ったわけですが、その直後に警察官 PC のところに降ってきたのが、ナイトメアハンター協会からの依頼で、それが依頼というか、なんか命令調のアレでして。直前に口走ったことから連想して、ふと思ったのがなー。ナイトメアにはたぶん国境はないんだけど、この国際化の時代に日本国内限定でハンター統括権限みたいなアレをアレしてる協会とか、互助組織的なものとしてはアリにしても、なんかエラそーな態度取れるような代物なのかなぁ? とか、そういうことでして。新小児科医先生のところとかを眺めてるとたまに登場する「医師会」とか「厚労省」とかそういうものと「医師」との立場の関係とかを連想してみたりして。まぁ、連想しただけではありまして、タイミング次第ではその協会側のメッセンジャーに疑問として云ってみてもいいかなぁとは思ってました(てゆか TPP はナイトメアハンターや今次キャンペーンで見え隠れしているその他異能力者がらみの扱いについてどういう基準を持ってくるんじゃろうか……)が、そういうタイミングもなかったので、ナイトメアについては以上、なのですが。
 クトゥルフだ。
 これさぁ、「Cosmic Horror」って呼称あるよねぇ。なんですが、なんか、実際の、とくに TRPG でのネタは「Local Horror」的なものが多い、ような……。なんとなーくな感覚で並べると、Local - National - Global - Cosmic ぐらいのアレかなぁと思うわけで、かなり「Cosmic Horror」と逆な傾向じゃね? とか。まぁ、Current の National - Global あたりという表層から隠された場所である、という点では Cosmic と Local は共通している、として描ける、というようなことだと実際、そうしたシナリオなりシナリオネタなりを見てれば納得するんですが、ちょっと違うスタイルに憧れのようなものがないでもないところではあるわけでして……というか、今回は「インスマウスネタは禁じ手!」と自縛りをかけてるので、この前提で Local 方面を詰めてくのもなかなか骨ではありまして……。だいたい、キャンペーンの本ネタがあれである(キャンペーンタイトル「汝が名は暗黒」で盛大にバラしてるので隠さねぇぜぇー)以上、どっかで西ドイツ(ドイツ西部?)には行く必要があるわけで、そのへん見越して序盤から非日本人や日本以外に活動基盤を持つ日本人の重要 NPC 予定者撒いてるわけでして、今はまだ日本にいるからといって「日本の土着の古いアレコレと結びついた神話的アレ」とかを直球でやるのはなんか遠ざかりそうだし、そっから Global な方面に(青森にジーザスの墓が、ぐらいの勢いで)直結させるのもそれはそれで大変な気がするし……。
 ってことで、今回は Global Horror(って何だよ)な感じをちょいちょい出して行きたいなぁと思ってたりもするわけなんですが……そもそもどうやりゃ Global な感じになるんかのう? 米空母機動部隊 vs 偉大なるクトゥルフさまっで総力戦やるとかそういうのは違う……よな……? また、まぁ国内ぐらいなら、基本バラバラな背景を持つ PC たちがそれぞれの都合で「偶然」居合わせちゃうなんてのもまぁ、フィクションの都合として通せば通るラインだとしても、世界規模でそれやったらさすがにその偶然じたいがホラーだよねぇ?
 ……いっそ、Local 規模の対「神話生物/現象」組織でも出して統括するか……? ケイオスシーカーっぽく……。
 などと愚にもつかないことをダラダラ考えて「構想」などと自称しているアカウントがこちらになります。
2013/04/16 (Tue)
■ Comment
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *