FC2ブログ

   深度 、急速潜行~
[Life as a Half Drow]Ghost in The Nightmare
▼ナイトメアハンター(系の新作オリジナルルール by BOSS)第 9 回セッション……だっけ……? 遊んできましたー。
 以下、水面下に軽く。
 参加者は以下の通り。

 鷺城紫(ステューデント/大学生):artemis
 鬼門寅之助(アウトロー/アウトロー):BOSS(ルールデザイナー)
 七五三一子(ディテクティヴ/私立探偵):DISK
 麻生躁太郎(ネゴシエイター/弁護士):DRR
 高天神ジョー(ドクター/医師):OTTO
 石川吾郎(セキュリティ/警察官):vabo
 マスター:Wao

 久々の「現代捜査モノらしい現代捜査モノ」であったなぁ、という感じで満喫して参りました。中身は、前回マスターが出しそびれたっぽい情報を軸に、軽く肉付けを加えたぐらいのもの、のようなものだったようで、ワンセッション分の情報量としてはどちらかというと少なめで、ってことで、PC がかなり自由に動き回って調査しても時間的にはある程度余裕があると予想される、ってことを最初のほうで云われまして。ってことで、のびのび動き回らせてもらったかなぁ、という印象も強まったのかも。まぁ、おかげで、というべきか、集まるまでがひと苦労というひと幕もあったりもしましたが。
 自由に動いたおかげで、「今回の本筋には直接関係しないんだけど、キャンペーン通しての大ネタとしては重要な情報」なんてのも、横道だろうと承知で踏み込んだ箇所複数で出ており、なるほどなぁ、と感心してみたりも。わたしがマスターだと、そういうのを意図的に本筋だけ追ってても見えるような場所に配置しがちなわけですが、そうしてしまうと、それが本筋に直接絡んでるかのような疑いをより強く与えてしまいがちで、それによって本筋への直進路を見失われがちで、結果、時間が押し押しになってしまう、ということになりがちなのかなぁ? なんてな反省のようなものも感じてみたり。
 つーか、とくに今次キャンペーンはそのへんの大きな流れと各回エピソードとの関連のつけかたとか見せ方のバランスとか上手ぇなぁ、と感嘆することしきりでございます。ううーむ、わたしもがんばらねばのう、と、どうやら次回セッションでクトゥルフを拝命する予感が強まりつつある中、肝に銘じるのでありました。

 ……しかし、「その名」を肯定的に受け継いでいるとは……その体質、やはりあの組織は敵と考えざるを得んようだな……!
2013/04/14 (Sun)
■ Comment
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *