深度 、急速潜行~
[日々のいとまに]130316 ~よつばと! 12 巻~
▼あずまきよひこ「よつばと!」12 巻読了。
 あいかわらずの、安定したじんわりくる仕上がりでございました。じわじわくる、と云いたいところなんですが、この成句、ちとここで云いたいのとは違う意味で確立されすぎてるのでガマン。
 ……まぁ、今さらオレが何か云うようなブツではない気がしますが、ネタバレ込みで軽く水面下にどうでもよさげなことを。
・ジャンボが花屋ってのはべつに今さら新鮮情報でもないはずなんですが、直後ぐらいに自転車屋に行かれると、「……トドロー?」とか思ってしまったりもするのでありました。
・風香の絶妙なアホさにどんどん磨きがかかっていくのが愛しいです。法被とかハイセンスすぐる。
・やんだの「油性」発言の迷わなさに感心。カッケェな。
・よつばはフリスビーの模様に脅えるかと思いましたがそうでもなかった?
・てゆか今巻は全般にやんだが株上げまくってる巻なのじゃないでしょうか? 自然に探険についてく保護者っぷりとかな。
・まぁしかし、もっとも「……世界よ、お前は美しい!」とかそんな感情が湧いてきたのが、子供組が寝ちゃった後のヱビスで乾杯な場面だったりしたあたり、つくづく酒パワーに抵抗できないよなぁオレとかそういう気分になったりも……。
 とかそんな按配で。
 なんか、キャンプでのおっさんズがとくに印象的ではありましたが、全般に年長者組の描かれ方がどんどん魅力を増してるなぁ、なんてなことをとりあえずシメ的に口走っておこうかと思います。とらの上着とブーツの質感とか素晴らしいぜよ。うん、すまん、布フェチで。まぁ布フェチ的にちょうアリアリな感じがいいなぁということでひとつ。
2013/03/16 (Sat)
130315 * Top * 130317
■ Comment
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *