深度 、急速潜行~
[日々のいとまに]130222 ~SHOOT BOXING 2013 act.1~
▼「SHOOT BOXING 2013 act.1」観戦してきました。
 今回は日程的に行けなそう、というか行けないことはないにしても遅くなりそう、ということで観戦を見送る予定だったんですが、何やらいつも一緒に行く仲間のひとり(てゆかチケット手配してくれてる方)が急に行けなくなり、席無駄にするのももったいないから遅れてもいいから行かないか、と声をかけてくれ、急遽途中から観戦することに。
 以下、水面下に軽く。
 どうせ観れないもん、情報だけ集めても悔しいだけだし! と事前情報をまるで集めずに行ったので、間に合わなかった試合についてはまったく把握しておらず、間に合った試合についてもその場でカード確認ぐらいの泥縄感で、パンフも買っておらず、中途半端な観方になってしまいはしましたが、観れて嬉しゅうございました。
 観れなかった試合については、とりあえず、「おお、坂本優起、また勝ったか!」ぐらいにしておきます。
・ハンセン vs 金井
 なんつーか……ビジュアル的な輝きが……すげぇ試合でございました……。
 金井は打撃戦についてはこれまで観た中でもかなりいい動きだったと思うんですが、あんだけ鮮やかな投げが何度も決まってはなー。見た記憶のない大差判定でございました。てゆか、ふと思ったんじゃが、たとえば 1 ラウンドに 6 回、後方への投げでシュートポイントが入ったとしたら、採点はどうなるんじゃろうか……。
・藤本 vs イムロン
 いいムエタイ君を観れて眼福。ワンオヴ今回のベストバウトかなぁ。
 初手わからん殺し攻撃って重要だよなぁ! なんてなことも思ったり。最初のイムロンのラッシュは素晴らしく、ムエタイ君がそうそう疲れ切ることもないだろうし、これはすげぇことになるのでは……と思ってたら、途中からその勢いが途切れ、それもべつにイムロンが疲れたという印象はなく、藤本が現場で対応してってるのかこれスゲェ! むしろ終盤は押してんじゃね? という流れに。それでも最初のラッシュで入ったポイントは返らずイムロンの勝利。
 イムロンは蹴りが速く鋭く美しい、なかなかにオレ好みのムエタイ君でありましたが、パンチは微妙っつーか、近距離択が少ない感じ、かなぁ? 組み方もムエタイ君っぽくないなぁ、という印象。まぁ、藤本の、素人には見えない「そういう組み方対策」が完全に機能してた、とかかもですが。
・歌川 vs 玉川
 歌川が綺麗に勝った、ただし勝ちすぎはしなかった、てなところでしょうか……。充分な試合内容だと思いますが、まぁ、欲を云えば倒すところが観たかった、かな……。
・ボーウィー vs ウォーレン
 さすがにこのへんのカードはツイートなどで漏れ聞こえて来てて、知ってはいました。で、どれほどのことになるか、観れないと思ってたこれを観れるとは望外、とすげぇ楽しみにして観始め、観てる間はまったくもって期待通りの強烈な緊張感で満喫、なんですが……結局どっちも倒せずか! 観終わった後になって、「あ、あれ……?」とかそういう気分に、ちょっと、なってしまわなくもなかった、という感想。てゆか、ボーウィーのディフェンスが今回とくによかったんか? これもし延長あったら(延長やる時間あったら)逆転だったかもなー、などとも思わなくはなかったですが、この判定はこれはこれで納得ではございました。
・ヘンリー vs 佐藤
 ヘンリーがどんどん失速してくのが手に取るようにわかる、ちょっとある意味感動の試合でございました。判定結果はまぁ、妥当すぎるというかヘンリー完敗だよねー、という感じで。佐藤が完勝した、という実感はしかし、あまりなく。……うーむ、面白かったという感触は残ってるんですが、終わってみるといまいち印象が地味……になっちゃった……か……?
 てとこで、SHOOT BOXING の興行はいつも「ずっと面白かったけど、メインがそれ以上に熱すぎて全部持ってかれちゃったよ!」てな感想になるんですが、今回は「ずっと面白くて、最後まで面白かった!」とかそんな、だった……?
 てか、後半明らかに時間が押し押しだったよねぇ? 気のせい? 聞こえてきたところによると、今日は「ひとつも KO 決着がなかった」とのことで、それもいろいろと効いてきてたんだろうかなぁ……。試合それぞれについて、KO じゃなきゃダメ! などとは思いませんが、興行全体としては、時間が押してくという意味でも厳しい感がありますし、やっぱまぁ、「試合それぞれについては KO じゃなきゃダメなどとは思わない」とはいえ、「興行全体で KO がひとつもないのは寂しい」ってのも、ま、正直なところ、ないではないわけであり、難しいものじゃのう……。

 なお、オレにチケットが回ってきた理由であるところの、氏の行けなくなった事情については、実際大変だったようですが、とりあえず現在はよいほうに落ち着きつつあるとのことで重畳。お疲れさまでした……。
2013/02/22 (Fri)
■ Comment
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *