深度 、急速潜行~
[日々のいとまに]121120 ~火の鳥 未来編~
▼手塚治虫「火の鳥 未来編」読了。
 え、未来編? 黎明の次が未来? 何か順番間違ってねぇ?
 とかびびりつつ手に取り、読み始め、読み終え。
 ひっくり返りました。Civilization の次は 46 億年物語かよ!
 なんかふと思い出したのが、こちらでありました。
 いやー、実際、ファーストカットの時点でまさかこう終わるとは思わなかったし、誰も思わなかったんじゃないかなぁと。むろんハッピーエンドを志向していないという点はあれにしても。
 しかしまさか 2 冊目で輪が閉じてしまうとは驚いたぜ……。まぁ、輪が閉じるのはいずれ破れるためであろう、とは、思いますが……さて……。
 で、読み終わった勢いでふおおおおと解説に進んで、景山民夫の文章に、また別の意味でブッ倒れたり。
 どうブッ倒れたか?
 ……云いたくねぇな。
2012/11/20 (Tue)
121119 * Top * 121121
■ Comment
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *