深度 、急速潜行~
▼そしてまたしても対戦会が発動。
 というか、今回は、昨日 S-cup 見に行ったメンバーが、それで目覚めた闘争本能を発散したがった色が強かったような……。
 基本対戦には興味ねぇ、ただし内輪シャッフルなら別だ、とか当初は云ってたわけであり、実際、野試合には相変わらず興味が薄いのではありますが、内輪シャッフルがここまで隆盛になるとも思いませんでした。や、今作は貸切が普通の文化になっており、各地で可能なおかげで、興味持つ人数がある程度(4~5 人以上)になれば現実的な選択肢なんだよねー。イベントモード(毎回全員機体選び直し)のおかげで、何度も使うつもりのない機体(内輪でワイワイ遊ぶにはガチすぎる機体やら、べつにがんばるつもりがないけど高性能でわからん殺しが機能しすぎる機体やら)でも気軽に投入できるというのも大きいです。NEXT 時代などは事実上貸切状態のシャッフル会なども何度も行われましたが、連勝しちゃってどうしよう問題というのはなかなか困ったものでしたので。
 現在の内輪ルールは、以前、大橋諏訪が地元に持ち込んだものと記憶しておりますが、それをまんまパクって提案させていただいた「勝ち抜け」方式でして、そもそもこれ自体がイベントモードでないと不可能なもの(以前は家庭用で対戦格ゲーやるときのルールでした)です。勝ったほうは気持ちよく抜けられるし、負けたほうは再戦への情熱が滾っているはずなので、すぐれた方式だと思っていたわけですが、今のところ、フルブでも順当に機能しているかなぁといったところ。ただまぁ、7 人になると、「上位 3 人交代」はちょっと極端になっちまうな、というのも感じるところではありました。今後の課題でしょうか。
 で、今後の課題としては、純シャッフルも楽しいですが、そろそろ別の形式も考えてもいいのかなー、というのもあったり。
 考えてるのは、イベントモード、ライン固定での「タッグ総当り大会」だったりします。ひと通り当たったら設定シャッフルに直してもいいしねー。ただ、タッグ総当りの対戦表を作るのが大変なのでな……「その場で」云い出すことができなかった次第。
 次回がいつになるかはわかりませんが、とりあえず作りはじめてみようかにゃー。同じ人の入ったタッグ同士がぶつかる組み合わせを先に除外しなきゃならないのが面倒ではありますが、面倒なだけで不可能ってわけじゃないしなー。
2012/11/18 (Sun)
■ Comment
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *