深度 、急速潜行~
▼たとえば。
 ガチャだのクジだのでですね。
 手に入りうるものリストを、実勢を反映して週一ぐらいで更新される評価価値つきで常時公開して。
 で、そこから「プレイヤーが自分で中身を選んで」ワンセットを作る、ってのはどうですかね。
 たとえば全 20 本なり、全 100 本なりの枠をまず(課金専用で)購入。総本数が多いほうが割安(全 20 本が 100 課金ポイントなら全 50 本は 200 課金ポイント、全 100 本なら 300 課金ポイント、など)とかのが商売としてはよさげかな? で、そこに、自分で上述のリストから景品を詰める。評価価値総額に上限はもちろんアリ。下限はあってもなくてもいいかなぁ。平均評価価値も上限と下限があったほうがいいでしょうか。また、運営が超級レアリティを指定したいものは、全体に対して入れられる割合の上限を決める(全 20 本に 1 本までものものなら全 50 本には 3 本まで可、とか、総本数が一定以上でないと入れられない、とかもアリかな)
 んで、できあがったら、そっから課金ガチャ扱いで回して(引いて)いく。ただし、作成者が 1 本引くたびに運営(ノンプイレヤープレイヤー?)が 1 本引く、とかそういう感じで、全本分の金を突っ込めば全部が手に入るわけではない、としてみるとか。ノンプレイヤープレイヤーが何を引いたかはこの時点では非公開。ただし、プレイヤーはいつでもその枠を放棄でき、放棄した時点でノンプレイヤープレイヤーが引いたものはそのプレイヤーには公開。放棄されたガチャは、そこから残りの半分ぐらい(と、残ってたら超級レアリティなものは自動的に除去ぐらいしてもいいかも)をノンプレイヤープレイヤーが引いたものとして(その内容はその時点では非公開)さらに残りが減った状態で放流。この放流時には、そのガチャに最初に詰められていたもののリストが添付される。これはどのプレイヤーも格安の課金ポイントまたは純ゲーム内リソースで回すことができ、中身がなくなるか一定期間が過ぎた時点で、放棄時にノンプレイヤープレイヤーが引いたもののリストも公開。他プレイヤーに回されるたびに、作成プレイヤーには小額の課金ポイント相当のポイント還元がある、とか。
 ……そんなことをダラーと考えていたのでありました。
 粗いネタですが。
 まぁなんか、基本、基本無料ゲーに追加料金を払う気の皆無なオレが、払う気になりうるとしたら何だろうなぁ、と思ってて、「プレイヤーが「作る」という要素があったら」かなぁ、とか思いついたので、ってことでヨタを書いておくとかそういう感じで。
 ……ま、オレが気に入るようなものは多数派には受けないってのはもうさんざん実例に接してきてますんでアレですけど!
2012/11/14 (Wed)
■ Comment
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *