FC2ブログ

   深度 、急速潜行~
[Life as a Half Drow]SW #1 Battle Branch Trial
▼てことで、4 版新キャンペーン「SW:ヘイノイア」第 1 回セッション、プレイヤーで遊んできましたー。
 事前に語られた感触はいろいろと興味深い世界設定で、そちらもどんな按配になってくるのか楽しみだったんですが、初回の実プレイは戦闘遭遇 3 連発のほぼオンリーでした。うむ、実際の PC の顔ぶれ見たら、まずそれやっとかんと始まらんよねと納得という感じの濃さだったぜ。
 以下、水面下に軽くメモ。フフーフ今回ばかりはホントに軽いぜ。
 参加者は以下の通り。

DM: DISK
 戦闘のみのセッションとはいえ、あれだけ敵設定に工夫を凝らされるとしびれるものが。叩き台というか原型にしたモンスターは存在しても、ほぼ自作なんじゃないでしょうか今回の敵たちは?

4219(OTTO):ヒューマン・バーバリアン
 番号で呼ばれる奴隷出身者バーバリアン、とのことでありました。ヒューマンバーバリアンの経験はプレイグループ随一を誇る氏の最新キャラだけに、期待に違わぬ爆発力を示してくれました。高クリティカル d12 武器 3W 攻撃でクリティカル、クリティカルダイスで 12 振って 1 撃 53 点って何! 1 レベルでこれだよ!

ハチ(Musha):シャードマインド・サイオン
 デブリ屋を自称する遠隔制御。卓の端から順に自己紹介してったら数字が 2 名続くってどういう! 今回は、敵の防御値をガツンと切り下げる謎のパワーが猛威を振るった印象。パワーポイントについてはさんざんボケ倒してしまい、ご迷惑をおかけしました。が、誰だって云うでしょ! パワポ!

コブリ(BOSS):ドワーフ・バトルマインド
 バトルマインドのコブリ先生は自称宇宙海賊。例のサイコガンを搭載してるかどうかは不明ですが、マインドスパイクの猛悪さは初回から炸裂しまくりでございました。これにストームホークのアレをセットにすればたいていの敵は自滅してゆくのじゃまいか……。 なにやら体感常時ぐらいの勢いでダメージ抵抗がついてるのも強力で、DM からすれば雑魚で殴るのが嫌になる域だったんじゃないかと思います。

ゼータ(DRR):ウォーフォージド・ヴァンパイア
 人の生き血で動く吸血機械人形。まぁ、毎度のことですがわたしの撃破役は撃破役としては派手さに欠ける……かなぁ……? まぁ、回復力回数 2 回は(消費技がない現時点では)決して乏しくはないということを実戦で体感してきた感じでしょうか。あとは、能力値的にはまるで好適していないウォーフォージドですが、種族特性やパワーはヴァンパイアの回復力回数の少なさと相性よさそう、かな?

アリューシ(Wao):ドラゴンボーン・ウォーロード
 これまでヒューマンが多かった Wao 氏が他種族に挑戦。てことで、プレイ中はさんざん「エフォートがあれば!」と嘆いておりました。ブレスは……吐いたっけ? 初戦は指揮役ながら、いつもの防衛役のクセで突出しすぎてピンチに陥る(主にワード範囲から外れてる他メンバーが)場面なんかもありましたが、後半は慣れてきた感触でしょうか。

ウルズ(vabo):ヒューマン・ウォーデン
 脳筋キャラで前衛やるぜ! という事前申告のあった vabo 氏は、確かに脳筋は脳筋ながら、予想された撃破役ではなく防衛役で登場。フリーアクションでマークとか、なぁ……? キレたい旧世代防衛役は多いんじゃないかと……。立ち位置は防衛役として実にいい感じ。マークの分け合い方とかについてはコブリとの今後の連携にも期待ってとこでしょうか。

ダウナ(artemis):ヒューマン・レンジャー
 artemis 氏は初撃破、かな? 「ハンマーとアックス」という「……あにそれ?」な感じの二刀レンジャーで登場。先日自分も組んだ二刀レンジャーってことで、ツーファング楽しいよね! とか見てて実によくわかるプレイでございました。なお、イニシアチブ表にわたしが書いた名前が字が汚すぎて「タブチ」と読まれ、以降なんだかタブチくんな扱いになってたのはスマンカッタ。

 戦闘遭遇は、まずコボルドの 1 団と。これはデータ的にはコボルドベースだったようですが、雑魚隊が「レーザーガン」を持ってるという設定で、まず「SW」なテイストが前面に出てきた感じ。
 続いては、ガンダム(初代)、百式、2 機のアレックスが相手。……うん、何を云っているのかわからねーと思うがわたしも何をされたのかわからなかった! 初代の格闘コンボ食らってブッ倒れて「デスセーブ成功」とダイス振る前に宣言する作業になってた……ような……。
 ラストはシャンブロ、ドム、ギラ・ズールにシャンブロの取り巻きでジュアッグ 2 機、ドム・トローペン、ザク(上空)からなる一団。シャンブロは前半分がダメージ半減付随効果無効化のシールドで守られており、タフな相手かと思われましたが、4219 の 1 撃 53 点で一気に行かれて思ったよりも短期決戦になった、かな?

 いやぁ……正直、今後どういう事態になってくのか想像もつかないんですが! 初回終了時に 2 レベルアップという宣言をいただき、レベルアップ的にはかなりの促成キャンペーンになりそうなので、そのへんもがんばってついていきながら、この SW な世界を見届けるぜー機械の目で!
2012/10/21 (Sun)
121020 * Top * 121022
■ Comment
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *