深度 、急速潜行~
[日々のいとまに]121009 ~501 も公社も基本厚着だよねぇ?~
▼指輪世界さまの「ランジェリーフットボールリーグ/暴力性の幅と厚み」をほけらーっと眺めてみまして。
 なるほど、と、それ自体に対する言及には大いに感心しながら眺めたわけですが、でもさー、日本二次元方面とは明確に指向が違くねぇ? とねぇ、思うわけですよ。や、日本二次元方面もそう幅広く押さえてはいないのでアレなんですが、例示されてるのがですな。「空中戦をパンツでやっていい気になっているわけにはいかない」「なんとかスリンガーガールをフットボールスタジアムの中に実装しているわけですよ」……ってそれは全然違うだろう、と。思う……んですが……。
 てゆか、二次元に限らなくても、日本だったらそれこそ学校の制服めいた服着せて肌露出を抑え込んでやるとこだろこれ……違う? オレだけ? うーん……。
 まぁあれなんですよ、ストパンはまぁ、その部分は特徴的ではありますが、全体としてはすげぇ低露出度でさぁ。そこはけっこう重要な部分だと思います。だって、舞台設定は 1 期、2 期とも夏、なのに、上半身はみんなきっちり上着まで着てる(ああ温暖化前!)厚着だぜ。サーニャ、宮藤、ルッキーニは上着と云えるかどうかは若干微妙ですが、長袖は堅持。「飛行服」でもある以上は厚着のイメージもあってのことではありましょうが、地上でも、起きて活動してるときはだいたい上着までちゃんと着てます。で、地上では脚こそ全面的に非被服(つーてもエイラーニャが例外を体現)ですが、空中戦をやってるときはそれもストライカーに覆われて、見事に肌色面積が極小になってます。むしろ何でお前ら戦闘時に「手袋をしてない」んだ? 誰一人として! とそっちが気になるぐらいだぜ。今ざっくり確認したらハイデマリーだけ手袋装備だったようですが……。六課メンバーが軒並み手袋装備なことを思うと、この点については退化だったと云わざるを得んのじゃろうか……。あ、公式のキャラ紹介を今確認したわけですが、ふだん前線に立たないシャマルが素手なのはともかく、ザフィの扱いが……なんというか……なぁ……。犬の前足に履かせた場合、それは手袋なんだろうか、足袋なんだろうか……という哲学的命題が浮かんでしまったぜ。ポエット!
 ガガガもなー、あれ、みんなランジェリーレベルの薄着前提だったら全然盛り上がってねぇと思うのよ。義体によっては服は男装だったりするのもいますが、基本「普通の女の子に擬態する」意図を感じさせる普段着(厚めというか薄地でも被服面積は広め)または警察特殊部隊の突入時服ぐらいのモン着てるわけでなー。
 ……つまり、日本で戦闘美少女という視角から女子フットボールを企画したら、上述したように、「普通の女の子の」普段着の延長線上を感じさせる服装になるか、でなきゃ完全に男子と同じ被服面積、装甲装備により「男装」ぐらいの味つけを指向したものになるんじゃないかにゃー。
 なんてなー、思った次第でございます。
 んが、後半はなるほどーと唸ることしきりでございました。
 てか、比較の対象が日本のアイドル業界という話になると、「おお、ランジェリーフットボール、たしかにキャッチアップできると熱いかもしれんな」とかな! 思ったりな! いやむしろ JKS48 とかをもっとこう、なんというか極端な方向性に煮詰めていく角度のほうが……?
 まぁオレが布フェチ寄りのアレだということはこのさい置いておいてください。ウワァァァァン!
2012/10/09 (Tue)
■ Comment
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *