深度 、急速潜行~
▼そしてー。
 シナリオ執筆のためにしばらく封印していた Civilization V を再開し、全力で廃プレイに陥るなど……。
 今回引いたのはローマだったので、とりあえずレギオンラッシュを試行。最初に遭遇した隣国タイをあっさりと壊滅させたものの、その大陸にはほかに国家がなく……方針を科学勝利に変更して、まぁ……大陸完全に埋めることもないよね……都市多いと運用面倒だし……と隙間も残しつつ内政に注力。
 ……してたらスコアぶっちぎりトップのオスマン帝国がその隙間に次々と都市を建国。
 おいおいおいおい……しかもなんかずいぶん兵力も充実してるので、念のため……ぐらいの気分でカノン砲とライフル兵からなる防衛戦力を並べておいた(金が足らなくてレギオンがそこまでしかアップグレードできなかっただけで、技術的には大幅先行なんですが)らやっぱりアポロ計画始動ぐらいのタイミングで宣戦布告が。
 最初は大砲と歩兵からなる敵に若干苦戦しつつも、都市の防衛力をフル活用してしのいでたら、例によって名誉コンプのおかげで金がザクザク溜まり、こちらも大砲と歩兵、さらには機械化歩兵がゴロゴロ作れる展開に。あんだかなぁ……。
 で、こちらは防衛側有利を駆使しつつとはいえほぼ完封に近い戦術的勝利を続けてるというのに、例によってやたら吹っかけた和平交渉が飛んでくるこの思考は何とかならんモンなんでしょうか……。こっちは戦争続いてるほうが金もザクザク入るし、有利な和平交渉すら受けたくないぐらい笑いが止まらない展開なわけで、受けるかボケ! ってことに、なるよなぁ、当然……。敵の攻勢が止んでしまうと収入が減るわけで、それじゃあとこっちから殴りに行って都市ふたつほど灰にしてみてもまだ、金も資源も都市も根こそぎ寄越せみたいな和平交渉吹っかけてくるとか……あんだそれ、自殺願望? まぁこっちもそっちの本国襲う戦力はとてもじゃないけど揃えられないんだけどさぁ。鉄と馬はたっぷりあるものの石炭も石油もアルミもない地勢でしたが、最後は第三国からアルミ輸入してステルス爆撃機隊まで投入(つーてもまともに作ってたら先に宇宙船ができる流れだったので、だぶつき気味だった金で購入)したりして、噂の無双っぷりも体験。なるほど、対空砲を爆撃機で殴りに行って完勝できるのね……。
 ……とかそんな感じのリハビリプレイでございました。
 なんかなぁ……この、戦争の思考だけはなんとかならんものかと思うんだけどなぁ……。戦闘そのものの思考の限界はともかく(というのは、戦術レベルでプレイヤーがしてやったり感を覚える余地はやっぱり爽快感の重要な一側面だと思うしねー)、和平交渉とかが今のところまったくゲームになってねぇというか……。
 オレがなんかを間違ってるんだと思うんですが、わからん。オレのこの買い方で、日本語マニュアル見る方法とかあるんだろうか……。
 ぐぬぬぬぬ。
 この調子じゃ難易度上げれねぇよなー、とも思うんだよねー。
 どうしたもんかのう……。
 まぁ、気合入れるなら、このバージョンでよりは、GaK(……GnK じゃないのは何故じゃろう?)なるものを投入してからなのかなぁとも思いますが……。
2012/10/04 (Thu)
■ Comment
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *