深度 、急速潜行~
[日々のいとまに]120620 ~2012年 大予言~
▼ムー増刊「2012年大予言」読了。
 いや、うん……クトゥルフのインスピレーションにしようと思ってさ……。やっぱ舞台は現代、と云うからにはまさに今年、2012 年、といえばマヤ暦が云々でマヤといえばティラムバラムでありティラムバラムといえばクトゥルフであり……つー感じでなんかネタあんじゃねぇの? とか思って本屋で手に取ってみたら、定価 790 円ですよ。安っ! TRPG 分野の本でこのサイズなら 2,500 円とかついてても不思議はねぇぞ!?(←いろいろと間違った感覚)
 てことで、速攻ゲソしてざっくり読んだわけですが。
 まぁねー。
 内容のあまりのアレさにブッ倒れるぐらいは覚悟してたんだけどねー。
 内容のアレさそのものは、むろん強烈なのもありましたが、全般には恐れていたほどではなかったかなぁというあたりで。んが、なんというかな……堀りが浅いというか、浅いから「恐れていたほど」になることもできてないというか……。「盆が来れば、もっとも極端な場合、こんなことになる可能性も否定できない」ってそりゃそこまでは間違ってないけど、じゃあその可能性がどの程度あるか、そう考える理由は、といったあたりがないと、ゲーマーには訴求しねぇんだよ! ゲーマーに訴求する気なんてないんだろうけどさ! で、そこを語ってしまうとやっぱり強烈な内容になりやすいんだろうとは思うわけですが。で、同じ記事に、「一方、正月が来れば、もっとも極端な場合、こんなことになる可能性も否定できない」って、うん、これもこれ自体はそこまでは間違ってないんだけどさ……。で、その記事のシメに、「もし盆と正月がいっぺんに来たとしたら……。それはもうとんでもない大惨事になることは想像に難くない」ってお前、それがいっぺんに来ると考える理由ぐらい書けよ! ゲームに! ならねぇんだよ! (なる必要なんぞ書いてる側は気にしないでしょうが)
 ……うーん、本気でそれらのネタに踏み込むなら、やりようは考えつくけどねぇ……。やったらやったで、最高に上手く行って「MMR RPG」ってあたりかなぁという感じでもあり……ぐぬぬ……。
 ……てことで、覚悟していたのとは別の方向でぶっ倒れたりもしてみましたが、それなりには面白かったし、使えそうなヒラメキが全く生まれなかったわけでもないのでよしとするぜ! 今回用じゃなく、キャンペーンの縦糸の 1 本になりそうなヒラメキ、ではありますが!
 いやしかしすげぇなぁライターの方々……。ムー系はたまに読みたくなるんですが、毎度感心します。本がこの値段で出てることもいろいろと考えさせられるものがあるしな……。
2012/06/20 (Wed)
■ Comment
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *