深度 、急速潜行~
[日々のいとまに]120603 ~TIGER & BUNNY(後半)~
▼んで、TIGER & BUNNY 後半も一気見。うむ、見始めてしまった以上、最後まで見ておかないと、カラオケで歌われたときに映像ネタバレがわかってしまうからな! 見始める前は、「うわ、すげぇネタバレ映像!」と見た人々が云ってても、どうネタバレなのかさっぱりわからなかったので問題なかったんだけどねー。
 てことでネタバレなどのため水面下に。
 ここからネタバレ水面下。
 んまぁ、正直なところ、後半を見始めるのには若干の気力が要りました。だってぇー、あまりにもスッキリと「ひとつの盛り上がりが終わってマターリ仕切りなおし」感が満載すぎたんですのー。
 で、最初にあーこいつが黒幕か? と思った(なんかマッチポンプ臭くねぇこれ? とか速攻思ったのだった……いや、早い時点でそう思うのはオレの心が汚れてるだけじゃないかなぁと思います……)奴はやっぱそうでした。順番は予想外で、先にルナティック関連が落ち着いてからそっちに行くのかなぁと思ってたら、案外早い段階でそっちに行っちゃったので、んじゃあルナティックは和解ルート? と思ったら……一瞬共闘はあったけどガン投げかよ! てゆか、ウロボロス本体の謎もガン投げかよ! という感じで、実にメリケンドラマ的「人気がある間は次シーズン次シーズンで引っ張るぜー」とかそういう感じの持ち越し方で、これはこれで、若干メタ的な視点ではありますが、面白い……かなぁ……とかそんな感じだったりも。
 バーナビーが正気に戻る場面は、脱力系笑いというか、それかよ! という感じでございました。話のノリからしてラヴで根性で絆なあたりで乗り越えてくんだろうとは思ったけど、最後の藁の一本はそれっすか!
 戦闘という意味ではラスボス戦なあれは、結局、力任せに後ろから抱えただけで射撃直撃可能、という程度のパワー差なら、人類の英知サブミッションで、ほかの連中の手でも充分なんとでもなったんじゃねぇの? などともちょっと思ったりしたりしなかったり。つーか、結局、最後まで、NEXT の能力発動時以外というか、能力そのもの以外の部分がどの程度強いのか弱いのか(攻撃的にも防御的にも)はわからんかったなー。明示しないようにしたんだとは思いますが。あと例の黒幕の能力もよくわからん。意識なくなってる相手に作用させたり、(コピーバージョンですが)見れば作用があったりと、使い方いろいろ便利ってことでしょうか。使い手がああなってはもうわかる日はこなそうですが。
 ジェイクさまは結局何がしたかったんじゃろうかというか、ウロボロス本体に対してどういう位置づけかはひとまず置いといて、ジェイク・クリーム組の思想は、どちらかの思想が主導的というより、お互いが語ったり、語られなかった思考などが相互に補完しあい、増幅しあって、一応はアクシオマティックっぽい野望を語るという形に落ち着いた、とかそういう感じなのかなぁ? とか思ったり。個人的には、このふたりが作中一番魅力的、だったかなぁ。ジェイク単独でも熱いですが、セットになってこそという感じも。
 バーナビーの記憶の中の顔が変わりはじめたあたりからは、「あのー、折紙的能力とかそういう可能性は一切考慮しないんでしょうかー?」とかそういう疑問がずっとあったりし、さらにその能力が雑誌に載るほど知られてる環境下で、視聴率ねーちゃん(ジェイク・クリーム組の次ぐらいに熱いと思います)が現場を撮影してるからといって、なんというか……「映像に証拠能力って、もうないし」とかそういう気分になっちまったりもしたんですが、そこを押し切る技量が視聴率ねーちゃんにあった、という感じなのかなぁ? だとしたらそれはそれで怖い気もしないでもない……。
 ウロボロス本体については、おっさん、ジェイク、クリームあたりの本筋とは別途的にもなかなか興味津々なところ。てかあの紋章はなかなかイカスと思うんですがどうか。それ自体もですが、ウロオボエで書いた感じの画でも、わかってる人が見れば明らかにそれとわかる記号としての優秀さみたいなのもイイ感じ。そして、当初はシュテルンビルトを見下ろすとぴたりとこれに重なる形だとかじゃねぇの? とか思ってたわけですが……とりあえず違うっぽいかなぁ?
 ……てなところで、総括としては、描かれた部分についてはしっかり満腹、しかしもっと描かれるべきこともあったんじゃないかなぁとも思うっちゃ思うよねー、とも付言しておきたい、という感じでございました。てことでどう続くのかも気にはなりますが、まぁ、次の無料期間でも訪れたら考える感じ、か……? そもそもどういうふうに続くつもりなんか知らないけどね! 劇場版でルナティック関連とウロボロス本体と、まとめて片付けるとかはさすがに無茶だろうしなー。
 個人的には、どうやら全 25 話観た範囲では可能そうと思われる、「レイン・オン・フライデイ」系の NEXT(?)が絡んでくるような話だったりしたら(そしてそれがウロボロス側だったりしたらなお熱いぜ! 過去にどうやってジェイクさまみたいな存在をやり過ごしたのか、または、ジェイクさまみたいな存在が何故それを看過したのか、とかスゲェ胃が痛い名エピソードになるよきっと!)ちょう楽しみ! とかそういう感じでひとつー。
2012/06/03 (Sun)
■ Comment
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *