深度 、急速潜行~
[日々のいとまに]120521 ~黒と黒~
▼そしてー。
 諸事情により土曜深夜から日曜早朝にかけてと日曜別途集合で EXVS フルブースト大会が発生してたりなど。
 うん……一度対戦入ってタッグ登録を! とも思ってたんですが、深夜はカード使用不能時間に突入しており、日曜のメンツにはまだカード登録者がおらず、そちらの野望は不発に。まぁ急ぐ必要はないっちゃないか……。
 まだまだ試行段階ということで、ステージ手探りや相棒の手探りの支援などを含めて、触っておきました。
 で、感触など。水面下に。
 あ、ヘヴィーな副作用もありました。腰痛が……な……。てゆか、あれは DnD に比べれば比較的軽荷とはいえ TRPG 帰りの荷物を担いでたってのが効いたな……。
・マワール。酔っ払ってやれる機体ではない。残弾管理は意識してないとすぐに狂う。あと後格の存在忘れてた……。マルチ CS 併用の擬似グリホはちょっと実用にはならないかなぁという感じ。まぁ、発動しちゃったらそれはそれでラッキィぐらいの気分でいればいいかなぁ。
・プロビ。ゲンナリするほどの安定感。追い込まれた場合の緊急回避手段が乏しいのが弱点っちゃ弱点、かな? でも安いので充分かなぁ。
・ストライダム。ド安定そのに。特格も絡められる緊急回避性能と、ここぞで減らせるサブ、適当に弾幕形成できるマルチ CS、プロビに比べて回転が早く当てやすい感じの単体 CS あたりがさらに安定感に寄与という感じで。とりあえず接待ゲーはこれかなぁ? んーまぁちょっとレバーから手ェ離してる時間が長すぎという気はしたので、今後はもちょい触るか……。接待用ってことで、敵が 1 機の状態は 1 対 1 で練習させようと思ってるのではありますが、「あと 1 発」な状態の敵機とか、練習相手としても面白くないかもだし、そゆ場面はさくさく回転させてくかなー。
・ブルー。サブの自動放出距離が思ってたよりも短く、ヘンなことできる余地が少ないかも感が気になりましたが面白い機体であることは間違いない感じ。とはいえ、artemis 先生が本格的に使う機体になるならわしは降りるかなー。
・インパルス。ないわー。つーか、換装機としてはとくにストライクより面白いと感じる部分がねぇのがなぁ。で、NEXT でかなり主力に使ってたフォースの盾反射が CS になって振り回しづらくなってしまったのが決定打。これはないな。とはいえ、あくまで、もともと多少なりともストライクを触っており、NEXT でインパルスを使ってた立場の意見ではありますので、そのへんの先入観がなければまた違った感触もあろうかとは思いますが。
・GP02。廃業の予定だったんですが、ご指名を受けて動かしてみたら……まぁ、驚愕の安心感でありました。ま、自分自身としてやってることは前作まんまなんですが、前作まんまの動き(というか操作、運用。実際の動きは向上してるはず)で前作を大幅に上回る戦力になっちゃうってところでコストアップ分の性能向上がはっきりわかる感じ。薄々予想はしてましたが、これは「高コスト側として」突っ込んで真価を発揮する機体だなぁ(一応非対戦を前提に云ってますが、対戦に踏み込むとしてもとりあえず同じ思考になると思います、オレの場合は)と実感。今回は相棒が GP01(2000)で、このコストなら後落ちでもあまり問題ない(一撃では死なない)耐久が残ったので上々でありました。D ルート中心に突っ込んで、一応大物は回避しつつながら余裕の最終面到達(最終面はさすがにどうしようもなかった……ぜ……) まぁねー、現時点ではあんまし面白みも、オレ的には「残ってない」感じではあるんですが、コンビが成立するんであれば磨いていく甲斐はありそうってことで、廃業はちょっと思いとどまるかなぁといったところで。
 ……今回はだいたいこんなところかな?
 あ、道中派としての要注意面もちょい発見。C5EXっ! ……あ、時間設定が長ければ余裕です。つまり敵が強くて云々ではないわけで……そこがむしろ要注意という感じでな……。長くない店ではことごとく時間切れになりました……。
 さらにどうでもいいといえばどうでもいいネタとしては……ナビでなんとなーく設定してみたフレイが存外悪くないッ! いちいち発言が死ねとか殺せとか系で不穏当で素晴らしいです。というか、オレが設定したフレイの発言に煽られて隣で OTTO 先生が厳しい面をガンガン選択し、最終面以外はそれを踏破してしまったのが GP01, 02 コンビだったりしたのでした……。あにあに、星ひとつで取れる称号が「反コーディネーター」……って、ワンオヴメイン予定のノワールのパイロットもなんかそんな設定があった、ような……? けっこういけんじゃね?
2012/05/21 (Mon)
Human Tank * Top * 120522
■ Comment
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *