深度 、急速潜行~
[日々のいとまに]120511 ~鍵のかかった部屋~
▼貴志祐介「鍵のかかった部屋」発見、即決で購入、速攻で読了でございました。
 やー相変わらず面白いです。っても面白さの中身はいろいろ色合いが違う気はしますが。
 てゆか、「鍵のかかった部屋」や「歪んだ箱」あたりは、ふだんのオレの好みからすっと、系統としてはちとカンベン系と云えば云える寄りな気もするんですが、登場人物の魅力で引っ張ってるというか、仮説が出ては否定されてく過程の描写の楽しさに引っ張られてうひゃひゃひゃひゃ、とかそういう感じ? とかそういうのもなくはない、かなぁ?
 そして、毎度おなじみ劇団編のイカレたノリにいろいろ解毒されて読了、という感じで。
 つーか地球ホールはやめとけ! ……これ、たとえば EXVS の通信文とかに入れたら審査通るかなぁ?
 で、ついでにちらっと wikipedia などで TV ドラマのほうの設定なんかを目撃したりして、「……あんでこんなふうに、安直っぽい、ありがちにつまんなくなりそうな改変入れるんかなぁ……?」とか思ってしまったり。いや、あくまで wikipedia で設定のテキスト見ただけの感想ですんでアレですけど。てゆか、ゲンブツ知らずに wikipedia の設定のテキストだけ見て面白そうに見えることはレアですが。アンサイクロペディアならまだしも。実際の番組のほうは……まぁ、タイミング的に見れることはなさそうかなぁ。
2012/05/11 (Fri)
■ Comment
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *