深度 、急速潜行~
[日々のいとまに]120327 ~カーニバル・ナイト~
▼笹本祐一「カーニバル・ナイト」読了。
 いや、まぁ、読了も何もあったもんじゃねぇっつーか、妖精作戦シリーズは本棚のいつでも手に取れる場所に常駐しており、ぐるぐるぐるぐる何回読んだかわからんぐらいは読んでるのでありますが、今回は、せっかくの再販だし創元版も 1 冊ぐらい買っとくかなぁ……じゃあどの 1 冊にするよ? と考え――るまでもなくひっつかんだ感じで買ってきてとかそんな按配でありますが。
 いやぁ。
 すごいね、谷川流の解説とか。
 とだけ云っとくよ、ちくしょー、素晴らしいです、複数の意味において! てか、これなのか? これなのか!?
 ん? 本編の感想? いや、すいません、さすがに今さら何を語るかという感じで……てか、「あー本編挿絵ねぇのかー、つばさが結希の部屋であれ発見する場面とかなー、挿絵欲しかったよなー」とか思いながら読み進めて、最後ぐらいまで来てから「あ、あれ? あれって次の巻?」とか思うぐらいには脳内で連続しちゃってるわけで……はは……。
 ええ、Another の水着回で脳裏を過ぎったのが何であったか、とかそういう話にまで行ってしまう(あ、すまん、これも次巻ネタね)わけですよ。はぁ……まぁ、なんつーか……根、だなぁ、としみじみ再確認したのでありました……。
 なお、手元のソノラマ緑背版は「昭和62年10月30日 11 版発行」となっておりました。緑背の時点(ちょうど白背への転換期だったと思いますが)で 11 版か……。
 てか、ラスト・レターのラストが新訳 Z ばりにアレしてたらそれはそれで……いやでも、まぁ、さすがにありえんわな……。
2012/03/27 (Tue)
■ Comment
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *