深度 、急速潜行~
[日々のいとまに]120127 ~愛してる~
▼いろいろ出遅れながら、「輪るピングドラム」最後の列車(ニコ動)になんとか間に合って完走。
 いやぁ……これはスゲェわ。
 ここ数年で、2 番目に DVD が欲しいシリーズ……はまぁ、云いすぎですが、とりあえず、もう一度は通しで観たい! としみじみ。いやもう、24 話全部テイストが違うってか、毎回話がくるんくるん輪ってくってもう、とんでもねぇ、ってのはずっと感じてたしスゲェと思ってましたが、そんだけなら「一度観れば充分」でした。これがなぁ、そんだけくるくる変わってくにもかかわらず、芯はちゃんとつながってるってのがきれいに見えてしまったので……もう一度……ぐぬぬ……。確かにピングドラムはまわっていったわけだしさ!
 まぁしかしラストはウテナだな! とか思ったりもしたけど。あと Key……? ってこれはちょっとアレな云い方か? Tactics?(オレ、少し黙れ……)
 で、とりあえず、これサントラが売られないなんて、この世界は間違ってる! と口走っておこうかと思います。だよね?
 ……うーん、最初と最後だけは DVD なり BD なり持ってみたくもなるかなぁ……。終盤のサネトシ先生の喋り(とくに短めのセリフ)とかは、それだけ集めてえんえん聞いてたくなるヘンな中毒性が……。「マジで?」とか鼻水出たわ! これが声の力かぁー!
 ところで、「あの組織」はやっぱり「黄昏のペンギン」なのだろうかという言及が案外少ないように思われますのでちらりとほざいてみるテスツ。
 あともひとつー、各地の感想を斜め読みしてて思ったんじゃが、あれ、「晶馬の箱にはリンゴがなかった、のではなく、(なかったのかもしれんけど、それ以前に)探そうとしなかった」というところについては……けっこう重要な意味があるんじゃないかとわしは思うのじゃが……どうなんじゃろうかね?
2012/01/27 (Fri)
■ Comment
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *