FC2ブログ

   深度 、急速潜行~
[日々のいとまに]120113 ~のりりん 4 巻~
▼鬼頭莫宏「のりりん」4 巻読了。
 相変わらずすげぇ薀蓄マンガで楽しく拝読しております。まぁ、な……正直、興味のない世界ではないのではありましてな……。趣味ではなく、(通勤の服装に趣味を反映させないわけではないのとは同程度には趣味の要素も持ち込むものではあろうとはいえ)実用の手段として、ってことですが。んが、まぁ、最大のハードルは、防犯、かなぁ、と思うところで……。ま、金はかけらんないかな、という気分になってしまうわけですよ……まったく……。あとはまぁ、チューブ積んで走るとかやっぱ大変そうだよねーとかそういうのもないではないですし。
 ……というのはまぁ置いといて、前巻まではまぁ、趣味性の面も、走る、という部分によりスポット当てた展開だったのが、ここへ来て、ブツそのものをいじるという意味での趣味性に踏み込んできて、ほほう、なるほど、こっちはこっちでわかりやすい? とかそんな気分になったりもしてみたり。
 いやいやいや、わかるじゃん、「どうせなら、ここまで最初から、の方が、面白そうですね」って、わはははは、すげぇその気持ちわかる気がするよ! アスリート的に盛り上がる気持ちのほうは、それ自体は想像できないわけじゃないにせよ、べつに自転車である必然性ないじゃん、という感覚も、してみると、どっかにあったんだなぁオレ、とか改めて思ってみたりもしてみたり。
 ま、長くやってる先達が見ててくれればこそ、という道なんで、フィクションの中に見て楽しむだけですけど!
 自分でやろうとしたら、まずは家賃の問題になるわけだしな。ま、どんなものであれ多かれ少なかれ同じことなんですけど。「パソコンの類よね」という台詞がありますが、そこに挙げられてたもの、挙げられてないもの、さまざまな趣味なり何なりの中で、パソコンという奴は「家賃の問題」に苦しむことが非常に少ないという点で特異だよにゃー、とかなんとか、そんなことも思ってみたりにゃー。
2012/01/13 (Fri)
■ Comment
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *