FC2ブログ

   深度 、急速潜行~
▼さて、当然のごとく昨年のことになるわけですが。
 あめじん先生に誘われて、マンション・オヴ・マッドネスなど遊んできましたー。
 あめじんマスターで 2 ゲーム遊んで、1 ゲームめは両敗、2 ゲームめはマスター勝利、と、連敗でございましたが、それでもよし! クトゥルフだし! 面白かったー。
 ……というか、よくまぁこんだけタイトなバランスをデザインできるなぁ、と感心。いや、プレイ人数をタイトに縛れば、できることが想像できるんですが、これだけプレイヤー人数に幅を与えられるシステムで、かつシナリオごとにあんだけ特例があって、となると。
 ま、ボードゲームの世界ではできて当然なんだろうと思いますし、その世界に疎遠だから想像しにくいんだろうとも思いますが。
 どちらも敗退の最大の要因は時間だったように思います。時間の不足、あるいは時間に追われてる感による判断の狂い、など。われわれはクトゥルフもたまにやる TRPG 畑の民で、「プレイヤーには見えてるけどキャラクターには見えてない」的なことを、とくにファーストプレイでは、妙に意識しすぎてしまった、のかも。2 ゲームめはまぁ、最初のタイル配置がゴニョゴニョという問題などもありましたが、結局はあれはダイス目に負けたかなぁ。あと、スキルポイント回収のタイミングを間違ったこと。いずれも、勝利条件に対してはギリギリの展開ではあったんですが、そっちに邁進すると謎解きが充分に踏み込めない、という天秤感は TRPG のそれにも通じるものであったかと思います。くそう、実際のところ、あそこでは何が起こってたんだ!
 しかしまぁ、それこそ TRPG の冒頭のようなおどろおどろ気分を盛り上げつつシナリオ導入聞いていたら、あめじんマスターが情感たっぷりに「どうしてこうなった!」とか叫び、そのとたん全力でフイてしまったことでありましたよ! いや、そのひとことでフイてしまえるオレの正気度に問題がある気もしますが! まったく、どうしてこうなった(オレが)
2012/01/03 (Tue)
■ Comment
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *