深度 、急速潜行~
[Life as a Half Drow]次があるのかないのか、とかも
ひえー、素敵だなんてとんでもない。ヴェテランでもないっす! 歴は長い(わはは、今までの人生の半分以上だぜ)けど、長いだけ。まともに遊んだゲームなんて DnD(クラシック&サード)とクトゥルフ(5 版)ぐらいだしっ。あとソードワールドとロードスはプレイヤーとしてならそこそこのプレイ経験ありますが。(あとは内輪オリジナルルールのナイトメアハンター改ですが、内輪オリジナルなので深入りしない方向性で)
 「要するに加減の問題なんだよな」という結論はまったくもって同感であります。スパイスが強すぎて素材の味を殺しちゃ意味がないわけでして。
 で、あとはまぁ、「謎が解き明かされていく、あるいは謎の輪郭をたどってゆける次回以降」があるかないかってのも問題かもです。ゲストで遊びに行った一度っきりのセッションで、内輪ネタで盛り上がられて終わっちまったら萎えるよなぁ、そりゃ、というのも。で、次回以降も行くつもりがあったとしても、加減を知らずにそれ「ばっかり」で盛り上がられて終わっちまったら、二度目に行く気が失せるよなぁ、とも思いますし。きちんと歓迎もしながら、気になる謎も残して気を惹ければベストかなぁとかなんちゅーかウムムム。
 リンク先の話を見て思い出したのがひとつ。
 以前、学園モノの「クトゥルフの呼び声」キャンペーン「揺籃学園の冒険」というのをやりました。全 23 回のキャンペーン。その第 22 回で初参加のプレイヤーを受け入れることになりまして。
 いやもう。
 あれはマジすまなかった、酢豚。
 わたしが始めて TRPG を遊んだその最初のプレイから一緒にやってた友人で、歴の長さに恥じない実力のあるプレイヤーなんで、その日はそれなりにこなしてくれましたが、後日話したところ、やっぱかなりキツかったみたい。いや、サークルの卓割りの事情だったし、その日云われて今さら別のモンやれないし、やるからには、次回最終回! なわけで、二十有余回で積み上げたネタを順に片付けてくぞ大詰めだって悟れ味わえ! 今までおつきあいありがとう! もう一息だ! ここまでウチのキャンペーンに参加するために割いてくれた時間に見合うだけのモンは作っといたぜ! ってそういうアレなわけですよ。
 うへー。
 はぁ……。
 ンゴー。
 これがせめて、全 52 回の 22 回目で、今後も参加する予定アリアリってんだったら、その「21 回分の蓄積で盛り上がってる状態」を「新参者として楽しんでいただけるように」誘導してくこともできたし、そういう方向でマスタリングした思うんですが、次回最終回じゃあなぁ。
 どうにも。
 まぁ、過ぎたことゆえ、ワールドワイドで書くのはこんくらいにしときます。
 今の我々は過去の教訓を活かして前に進めてると信じましょう、ってことで。
2005/06/30 (Thu)
■ Comment
 なんとなくコメントしてみる。まぁ内輪ネタが多いと困るけども。

 私は、周りが盛り上がっている場にいるのが好きっぽいです。自分がそれに参加していなくても。場の雰囲気でそれなりに楽しめます。自分が知らない話を聞くのが好きだから。

 あれだ。飲みの席とかでも、いつもほとんど喋らずにいることが多い(というか大体そんな感じ)。でも私はそれなりに楽しい。場のパワーを感じるだけでも十分。
 自分に方向性がない時は、周りの人の流れ・勢いを眺めて楽しんでるかなぁ。

 ・・・まぁ『回りの人間を眺める』=『他人の言動を観察するのが楽しい』ということだから、それはそれでいやらしい気がするけども!

 少数派だろうか? まぁ、受け手・聞き役に徹する事の多い人間の感想として。本を読んだりするような感覚で。一歩離れた位置から話を眺めるのは楽しい。

 最後に。内輪ネタってのは内輪の共通知識からのネタって事だとすると。
 銀英伝は見ても読んでもいない(まぁ全く判らないわけでもないけど)ので、周りがそれで盛り上がっている時の私は、いつもそんな状況に陥っていたのだろうか? 気にした事ねぇーw

 ・・・って、ふと思ったけど。これを自分のところのサイトの更新ネタにすればいいんじゃないだろうか?w
2005/07/01(Fri) 14:32 * URL * DISK #4yuftn/A[編集]
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *