深度 、急速潜行~
[スポンサー広告]スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--)
[Life as a Half Drow]3.5 版モンク
▼を、ちょっと思い立って勉強してみました。
 いやその、なんだ。
 スゲェ強化ですねこれ。ありえねぇ。何がスゲェって、「素手打撃」のトコ、「両手がふさがってても素手攻撃可能」って明記されてるのが! これって「素手攻撃強化」を取っただけの非モンクでも同じなのかなぁ? だとしたら、リーチウェポン持ちやアーチャー職はフィートひとつで安心して密着してる相手に AoO を出せるようになるわけで、なかなか素敵な気がするんですがどうか。まぁモンクじゃないと威力はしょぼいので効果は微妙かもしれませんが、モンクならその一撃にスタンや足払い強化を乗せ得る(もちろんそれらをフィートで取ってもいいですが、さすがにコストが重いでしょう)ことも可能なわけで。両手がモノでふさがった状態で素手連打が使えるかどうかは文面からは微妙ですが、連打ができないとしても有効ではあると思います。
 で、考えてみた。そのいち。リーチモンク(イメージ
 フィートでリーチウェポンに習熟したモンク。あるいは最初にファイター系を混ぜるのもアリかも。エンラージ一発貰えば半径 20' の円内をことごとく機会攻撃範囲におさめることが容易に可能。加えて、10' 範囲内の相手にはスタン攻撃が可能であり、《迎え撃ち》もクラスボーナスで取得可能。さらに 6 レベルで《足払い強化》を加えればなかなか優れたトリッパーになれそうな予感。問題は素直にスパイクドチェイン持ちのファイター系をやった場合に比べてどうかが微妙な点か。そこまで考察しでませんけど!
 そのに。アーチャーモンク(イメージ
 フィートでロングボウ(STR があるならコンポジ)に習熟したモンク。最初にファイター系を混ぜるかエルフにしてしまうテもあるかも? 距離がある間は飛び道具で攻撃し、密着されても慌てず騒がず蹴りを入れてこかして再び間合いを取る。取らずにそのまま殴ってもオッケー。まぁ、モンクに弓を持たせるリスクが皆無ってことで、弓習熟でも取ってみたら面白いんじゃね? という程度ですが。弓系のフィートは近距離、速射、精密があれば充分なので、アーチャーはモンクベースもアリかも? という思いつき。弱点は近接用フィートの取得が遅れることと、射撃が強まらないこと。後者はローグベースのアーチャーとかに比べると厳しいですが。やってみたいのは、「では眼前の敵に足払いを入れます。おお、コケた? んじゃとりあえず追い討ちを入れて、目の前の敵がコケて遮蔽がなくなったので向こうの敵に射撃」とかそういう遠近両用フルアタックですが……AoO? モンクがこけた相手の AoO を怖がってどうすんねん。
 モンクに弓を持たせるってのは面白くなりそうな予感はあるんですが、モンクのマルチ制限がひっかかるところではあります。FR なら流派によって特定クラスとのマルチが自由になったりもするので、そのあたりを含めて狙ってくと面白くなるかなぁ。単にアーチャー職やリーチウェポン職にモンクを 1~2 レベルだけ混ぜるというのもアリかも。鎧着ても AC ボーナスと移動力強化がなくなるだけで素手戦闘は普通に可能ってのは素敵だ。強烈な ST もあるし。
2005/06/28 (Tue)
■ Comment
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。