FC2ブログ

   深度 、急速潜行~
[スポンサー広告]スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--)
▼ああもう、なんてこった、ちくしょう。
 もうすぐ読み終わっちまうぞ!
 続きは来月まで読めないってのに!!

▼「サマー/タイム/トラベラー1」(新城カズマ)購入。
 とりあえず朝メシと昼メシをひとまとめにした夕方の食事を取りつつ読み始めてみましたが、ヤベェぞこれ。
 今すぐ本屋に走れ! そして買え! んで読め! というか読み始めろ。一気に読み終わってしまうのはあまりにももったいないから。
 すさまじい描写密度と描写量によって構築された日常のなんと美しくなんと幸福で、それゆえになんと哀しく愛しいことよ。
 これが平積みになってない本屋ってのは阿呆だと確信します。
 一冊も入れないのに比べればずいぶんマシですけど。
 ……フムン、この人の文体はちょっと大原まり子に似てるのかなぁ。

阿呆か
 まぁ、文系の実情は理系からは想像し難いものがあるらしいということは理解してますんで、「代返で余裕」とかを排除しよう、とか、そういう文脈は理解しますが、しかし、「最高点の「秀」を5%以内とするなど統一した相対評価」とか正気を疑うぜ? 相対評価ほど得点意欲を殺ぐシステムもないと思うんだがなぁ。
 「登録科目の途中放棄を防ぐ」なども正直何考えてんだかわからないですが。
 文系はわからん、とか云っておけばいいのか? それとも私学はわからん、と云えばいいのか? 両方?

△つーか暑い。暑するぎ!
 この暑さは基本的人権の侵害である疑いがっ!
 まだ六月だぞ? 七月下旬だとでもいうのならばともかく。
2005/06/27 (Mon)
■ Comment
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。