FC2ブログ

   深度 、急速潜行~
[日々のいとまに]110514 ~ゲーム語のテンポ~
▼何やら、ハルヒ消失、の続き的なゲームが出たようで。
 いやもちろん、出るってのは知ってはいましたが、とくに狙ってたとかでもないので発売時期とかは気にしてなかったわけでして。
 んが、今やちょっとばかり気になるんだぜ!
 このゲーム、PS3 なのよねー。PS3 ゲーというだけで……しかも、キャラゲ系ならそうズッシリ気合もいらなそうだし!
 ……うん、なんか非常に間違った角度からの興味な気もします。つーか明らかに何かが間違ってます。それでも!
 まぁねー、現在唯一所有の PS3 ゲーで杉田が杉田ヴォイスで「お前食いすぎ!」とか云ってるの聞いたりすると、いやーやっぱちょっとよさそうかもなぁとか思ったりもしちゃったりもするってのもないわけじゃなないっちゃないのではありますけど。
 ここで問題になるのがゲーム語のテンポというブツでございましてな……。
 なんか、ゲームでの音声喋りの独特のヘンなテンポがあるじゃないですか。
 こないだ、スパロボ新作の紹介的な動画とかをちらっと見たんですが、あれがなぁ。「あ、このゲーム無理だわ」とすとんとわかる感じのアレで。戦闘場面の動画なんですが。まぁ、そのゲームを遊びたいって意欲がスゲェあるならそんなん飛ばせって話になるとは思うんですけど。
 攻撃側の機体のアニメーション、キャラカットイン入って台詞。これが数回続いてヒット演出、ダメージ表示、被弾側のキャラカットイン入って台詞。被弾側の反撃アニメーション……とまぁこんくらいで以下略にしたいんですが、このテンポがもうどうにも受け付けん。
 ゲームの台詞に声は要らない派なのかと問われれば、まぁさすがにそれも違うんですけど……。てか、格ゲーとかだと楽しいわけですよ。スパロボじゃないけどガンダムゲーならガンダムゲーでアクションならば熱いし。
 テンポなんだよなぁ。
 いっそ昔の、声を入れることなんて考えずに作られた時代の脚本を読んでたぐらいのものは、それはそれでむしろ耐えられるモノもあったりする(PCE のイースとかさ)んではありますが……。
 で、ハルヒとかですよ。
 消失もいろいろ熱い部分はありますが、とりあえず今回の視点で思いついた場面。冒頭付近。
「――夜更け過ぎ……?」(そんなことよりぼくと行きませんか朝比奈さん!)「有希」「ない」「よね!」(はや!)
 ……ここ、この勢いでポンポン重ねてくるからイイ感じなんであって、これ一箇所ごとにワンクリック要求されたら成立しねぇっぺ?
 そういうとこ、どう仕上げてあんのかなぁ、と、そこが気になるわけですよ。
 どうなんだ?
 いや、いまどき、そのあたりはちゃんと考慮して組んである、と信じたいところなんですが、最新作のスパロボでああゲンナリしてしまった直後でもあり……。
 ままならぬものよ。
2011/05/14 (Sat)
■ Comment
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *