深度 、急速潜行~
[スポンサー広告]スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--)
[Life as a Half Drow]人外への道
▼えー、昨夜はキア一周(マビノギ)した後、Dervish 氏の危険な計画についていろいろ議論してたわけですが、どうもキモになるフィートのひとつが、世間的には Complete Arcane 収載として紹介されているにもかかわらず、わたしの手元の Complete Arcane には載ってねぇような気がするという大変な問題が発生しまして、どうにもこうにもどうしたもんか。どういうことだ? 版が違うとかでしょうか? まぁ、わたしの盲点に入ってしまっている可能性もありますので、今度のセッション時に本人に確認してもらうしかないんですけど……。
 まぁしかし、計画は素晴らしいよ! 昨夜話題にさせていただきました狂気の迷宮みたいな「何でもアリ」状態ほどにヤバい状態になるわけではないとはいえ、けっこーシャレになりませんな。昨夜提示されたコンビネーションは可能なら魔法戦士系一般にやたら有効そうな気もするわけで、はよ結論を出したいところ。
 まぁ、昨日の記事での OTTO のコメントに対する返答にもなりますが、要するに、自分で幅広く複数の本から情報集めてコンボ作るのがキモだってぇ気がします。マスターから提示するような PC 強化や単純にレベルの数字を増やすような強化では、さすがに、そうそうバカげた事態は発生しないようにバランシングされてるわけですから。英語の壁はあるにせよ、実際に熟読しなきゃならないモノがどれであるかについては国内情報サイトを巡って絞り込んでゆくことが可能なわけですし。フィートとアーケインスペルについては、以前にも紹介させていただきましたが、こちらが極めて強力です。
 コンプリートシリーズは実は読み込めばけっこうヤバいことが可能になりそうな本だと思います。うちらの英語力ではヤバい事態を発生させるほどの読み込みは困難ではありますが。
 OTTO は純殴り殴られで行くつもりでありながらブースト手段を含めて自分ひとりで完結しようとしすぎな気がするのよ。もっと、「この支援くれ! そしたらひとりで殺して殺して殺しまくって死んでくるから!」的な要求を含めて研究してもいい気がするにゃー。
 あとあれだ。Dervish の人には、昨夜 Complete Arcane 眺めてて発見した +1 相当の武器強化を提案しといてみます。その名も「Magebane」 効果はアーケインスペルを準備している状態の相手、あるいはアーケインスペルを発動できるスロットを残している状態の相手、あるいはアーケインのスペルライクアビリティを使用できる相手に対するベイン。他のベインに比べてなんかべらぼうに適用範囲が広い気がするんだがどうでしょうかコレ。
2005/06/15 (Wed)
050614 * Top * 050615
■ Comment
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。