FC2ブログ

   深度 、急速潜行~
[スポンサー広告]スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--)
▼しかしそれはそうと FC2(に限ったことじゃないんだろうけど)のカテ落ちはもうシャレんなんなくキツいんですが。どうしよう。ちょっと週末サボっただけで TRPG 消えましたが……。
 このカテ(FC2 用語ではスレッドテーマ)が不人気だってんならしょうがないけどさ。けっこう投稿数もたまってて、書いてるブログもけっこう増えてたんじゃぜい? それがかくもあっさりと……。
 くそったれ、退いてたまるか。

▼いや、種をね。さすがに現代においては必修科目だろうということで、観ようとしたわけですよ、頑張って。もうそりゃものすごい頑張って。
 しかし、「月に繭、地には果実」とか読んでしまったのだよ。
 ターンエーって物凄い傑作だったよねぇ?
 金払って種とか観るのが本気でバカバカしくなってきた今日このごろ、いかがお過ごしでしょうか。いや、金払わなくたって正直ツラいんだけどさ。
 種は 8 話まで観てとりあえず止まり、続きを観る気がなくなりつつあるんですが……。
 で、最近更新頻度が上がってきて嬉しい指輪世界様(ターンエーに関する言及も素晴らしく、ロラン・キエル・ディアナ(と序盤のグエン)ファンだったオレがリリ様の魅力を知るきっかけとなったのでした)が Z の劇場版について書いてらっしゃいまして。
 Z に関する言及じゃないんですが、「そうした本筋からあさってを向いた台詞、動作、仕草、所作においては、富野由悠季先生の演技付けの対コスト効果は一級で、寡聞にしてその後継を聞かない」という一行に、ううーむ、とうなったり。
 種があれだけファーストをなぞりながら、ファーストに比べて「うすっぺら、表層、不自然、子供っぽい」と感じてしまう理由って、そのへんにあるのかなぁ、と思ってしまったりしたわけで。オレ自身はそういう部分を取り出して評価できる眼力を持ってるわけではないので、見当違いなのかもしれませんけど。
 もちろん TV アニメで金が余ってることなんてあるわけがないんだし。
 SAC* ばりの金額と労力を突っ込んで全部描こうとしてしまうのであればまぁ別でしょうが、限られたコストで「自然さ」を作り上げるのは容易なことではないんだろうなぁ、と。
 だからといってガンダムという名を使ってる以上は斟酌してやろうとは思えないんですけど。

*あの作品のズルいところは、人間なら不自然ていうかセル枚数足らなかったんだろうなぁと思ってしまいそうな異様な静止状態が「サイボーグだから」でむしろ自然に見えてしまうところなんかもである、とか思うのだがどうでしょうか。しかしあの折鶴を折る作画はやっぱりやりすぎというかひっくり返ったわけですが。
2005/06/13 (Mon)
■ Comment
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。